無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ビットコインはアメリカで買われ、欧州で売られていた…複数の暗号通貨への分散投資ファンドも人気

イギリス国旗とアメリカ国旗

イギリス国旗とアメリカ国旗

Alex Wong

  • コインシェアーズによると7月初旬の1週間、ビットコインは欧州では資金が流出し、北米では流入した。
  • その週の取引量は合計15億8000万ドルとなり、2020年10月以来の低水準となった。
  • その間、Bitwiseの仮想通貨指数ファンドといったマルチアセットの投資商品が最も人気を集めた。

デジタル資産運用会社コインシェアーズ(CoinShares)が2021年7月13日に発表したレポートによると、ビットコインが比較的狭い範囲で変動し続けたため、暗号通貨の取引量は7月9日までの1週間で9カ月ぶりの低水準に落ち込んだ。また、規制当局が暗号通貨取引全般に対する監視を強化している欧州で資金の流出が加速した一方、アメリカの投資家は暗号資産の買い手になった。

同期間の暗号通貨取引量は合計15億8000万ドル(約1746億円)で、ビットコインを中心に取引が減少した。ビットコインの純流出額は690万ドル(約7億6300万円)で、前週の純流入額3890万ドル(約43億円)からの急落となった。

週ごとの暗号通貨取引量の推移

週ごとの暗号通貨取引量の推移

CoinShares

「ここ数週間、ビットコインへの資金の流入には地域差があり、北米では安定した流入が見られる一方で、ヨーロッパでは流出が続いている。これは市場のムードが場所によって違っていることを示している」とレポートに記されている。

暗号通貨取引所のコインベース(Coinbase)によると、ビットコインは7月、3万2000ドルから3万4500ドルという比較的狭い範囲で取引されており、5月の安値3万ドルから高値5万9600ドル近くまで変動した極端な乱高下とは大きく異なっている。

ビットコインは2021年4月に6万5000ドルの最高値を記録して以来、50%近くも急落しているが、それでも前年比で言うと260%増だ。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み