無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ヒュー・ジャックマンの筋肉の作り方…まずは軽いウェイトから始めよう

ヒュー・ジャックマン

ヒュー・ジャックマン。

James Fisher / Marvel

  • 俳優のヒュー・ジャックマンは、『ウルヴァリン』を演じるためのトレーニングとして、ボディビルダーと一緒にワークアウトを行ったという。
  • ウォームアップにまず軽いウェイトを使うことを学んだジャックマンは、「今でも」それを実践している。
  • 専門家によると、軽いウェイトを使用した適切なウォーミングアップで、特定の筋肉群を最大化できるという。

映画『X-MEN』の主役ウルヴァリンを演じたことで知られるヒュー・ジャックマン(Hugh Jackman)は、映画で引き締まった筋肉を披露できるよう、過酷なトレーニングや食事制限、さらには脱水症状にも耐えてきた。

彼は、ピーター・アティア(Peter Attia)博士のポッドキャストに出演した際、ウルヴァリンの見事な体型の秘密は、ボディビルダーから学んだ、軽いウェイトでウォームアップを始めるテクニックにあると語った。

『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』の出演に向けてトレーニングを行っていたとき、彼のトレーナーは新たなアイディアを取り入れようと、プロの自然派ボディビルダーを招き、1週間のトレーニングを行った。そのボディビルダーが軽いウェイトからトレーニングを始めたことに、ジャックマンは驚いたという。

「彼のような体格になるには、猛烈に鍛えなければならないと思っていた。だが彼はどんなトレーニングでもかなり軽い負荷から始めて、それを楽しそうに積み上げていくんだ」とジャックマンは語っている。

これは心と体の準備を整え、重いウェイトを持ち上げられるようにするための戦略だとジャックマンは述べ、今でもワークアウトの際にはこれに従っているという。

「彼から学んだことは今でも役立っている。この戦略によって、3セット目、4セット目を行う頃には、体が慣れてきているので、思い切り持ち上げたくなる」

軽いウェイトによって、よい結果につながるフォームになる

パーソナルトレーナーによると、運動の前のウォーミングアップは不可欠で、その際には、ワークアウトで行う動きを負荷を軽くして行うのが最もよい方法だという。例えば、最初は軽いウェイトを使う、あるいはまったくウェイトを使わずに行うといったことが考えられる。

パーソナルトレーナーのブライアン・ゴールドバーグ(Bryan Goldberg)がInsiderに語ったところによると、軽いウェイトを使うことで、鍛えようとする体の部位、特に腕などの小さな筋肉群に確実に働きかけることができるという。

重すぎるウェイトを使うと、勢いをつけたり、他の筋肉で補ったりして「ごまかす」ことになり、鍛えようとしている筋肉の働きが弱くなって肥大しなくなる可能性がある。

パーソナルトレーナーによると、筋肉の効果を最大限に引き出すために最もよいのが、「プログレッシブオーバーロード(漸進性過負荷)」という、徐々に重量を増やしていく方法だという。最初は軽く始め、セッションごとに少しずつ重量を増やしていくことで、成果を確実に得ることができる。

[原文:Hugh Jackman got ripped for his role in 'Wolverine' by using light weights at the start of his workouts

(翻訳:仲田文子、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

インサイド・チャイナ

恒大危機は融創、碧桂園に波及か。「持たざる天才」の戦いが生んだ中国不動産バブルの全容

  • 浦上 早苗 [経済ジャーナリスト/法政大学IM研究科兼任教員]
  • Sep. 28, 2021, 07:00 AM

有料会員限定

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み