無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


株価57%上昇のNVIDIA。83%のアナリストが強気な4つの理由と、注意すべき2つの理由

BMOキャピタル・マーケッツのアナリスト、アンブリーシュ・スリバスタバは2021年7月1日、アメリカの半導体メーカー、エヌビディア(NVIDIA)の目標株価を1000ドル(約11万円)とした。

この数字はアナリストによるエヌビディアの目標株価として今までにない高値だ。その時点では800ドル近くで取引され、7月13日時点では820ドルで取引されている。

エヌビディアの株価は、今年だけで57%の上昇、1年前と比較すると95%もの上昇という状況にもかかわらず、アナリストたちは強気のままだ。

ブルームバーグのデータによると現在、ウォールストリートのアナリストたち46名のうち、83%がエヌビディアの株を「買い」としており、13%は「中立」としている。「売り」としているのはBNPパリバのデイビッド・オコナーと、モーニングスターのアビナブ・ダブルリの2人のみだ。

エヌビディアについて最も強気および最も弱気なアナリスト両方のレポートから、なぜこれほどエヌビディアが期待されているのかを見ていこう。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

新着記事

インサイド・チャイナ

恒大危機は融創、碧桂園に波及か。「持たざる天才」の戦いが生んだ中国不動産バブルの全容

  • 浦上 早苗 [経済ジャーナリスト/法政大学IM研究科兼任教員]
  • Sep. 28, 2021, 07:00 AM

有料会員限定

Popular