無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


テスラ「完全自動運転」最新版…性能は向上したが、まだまだ危険がいっぱい

テスラ「自動運転」の最新ビデオ

テスラの車内。

Reuters

  • テスラは2021年7月、予定より大幅に遅れて、「完全自動運転」システムのベータ版の最新バージョンを配布した。
  • ベータ版のテストドライバーたちは、すぐに運転支援システムの動画をSNSに投稿し始めた。
  • 新しいソフトウェアはすばらしく高性能だが、依然としてドライバーを危険な状況に陥らせることがある。

テスラは2021年7月上旬、待望の「完全自動運転(Full Self-Driving)」ソフトウェアのアップデートをベータテスターへ配布した。それはすばらしい内容だったが、依然として車を自律走行させるものではない。

同社は2020年10月に初めて、試作技術を発表し、現在は数千人のロイヤルユーザーがそれを手にしている。それは、主に予測可能な高速道路での運転に適した既存の運転支援システムに、高速道路以外のより複雑な道路での運転を自動化する機能が追加されている。

投稿された動画から、アップデートされた新しいソフトウェアは難しい運転状況を見事に操縦できることがわかるが、危険な不具合や誤作動も多く見られた。

ある動画の中では、対向車が走る標識のない狭い道路で、テスラは自信をもって操縦しているように見える。コンピューターは、減速して、対向車を先に行かせるために車を道の片側に寄せ、進行方向に何もなくなってから前進するというように、人間とほぼ同じことを行っている。

FSDベータ9は、狭く標識のない道路での対向車とのすれ違いを、完璧に対応した。

別の動画では、一時停止と発進を繰り返す道路状況で、システムが車を操縦している。

誰かが、FSDベータ9を交通量の多い道路で見てみたいと言っていたね。どうぞ、楽しんで。

さらに別の動画では、夜間で誰もいなくても一時停止の標識を認識して、曲がっている。またその他の複数の動画で、歩行者や別の車の前で一旦停止できることがわかる。

しかし、このシステムは依然として、基本的な運転タスクに悪戦苦闘する場面があり、運転者や同乗者を危険な状況に陥らせている。サンフランシスコのダウンタウンを走行する動画では、車が道を逸れて中央分離帯に入り、運転手が操縦しなければならなかった。

相変わらず愚かだ。テスラFSDのベータ版は、何年も前の悪名高い事故のように、ゼブラゾーンでいまだにダイブする。

同じ動画で、左折時に車がよろめき、オーバーステアで駐車中の車にぶつかりそうになっている場面もある。

シカゴで撮影された動画では、車が交差点にゆっくりと進み、何度も停止し、最後に道路が閉鎖されていることに気づいている。たくさん並んだコーンは、人間なら方向転換する前に認識するものだ。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み