無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


NASA、探査機「ジュノー」が撮影した木星とガニメデの最新動画を公開

An illustration of NASA's Juno spacecraft in orbit around Jupiter.

木星を周回するNASAの探査機「ジュノー」のイメージ図。

Thomson Reuters

  • 木星探査機「ジュノー」が撮影したNASAの動画が公開された。
  • ジュノーが木星の最大の衛星である「ガニメデ」に接近した際の最新動画も含まれている。
  • 映像には木星のサイクロンとガニメデの明るく白いクレーターが映し出されている。

NASAの木星探査機「ジュノー(Juno)」は、2016年から木星の写真を地球に送り続けている。今回は、木星の轟音を立てるサイクロンや巨大な嵐を通過するときに、探査機からどのような景色が見えるのかが分かる新しい映像が公開された。

また、その映像では木星の最大の衛星で、水星よりも大きい氷の球体「ガニメデ(Ganymede)」も間近からから見ることができる。

ジュノーは2021年6月7日、ガニメデに645マイル(約1038キロメートル)以内に接近して飛行した。これは探査機が到達したガニメデまでの一番近い距離だ(最後の接近は2000年にNASAの木星探査機「ガリレオ(Galileo)」によるものだった)。その1日後、ジュノーは木星へ34回目の接近し、撮影を行った。

アマチュア科学者のジェラルド・アイヒシュテット( Gerald Eichstädt)は、この2つの旅の映像をまとめ、探査機が天体を通過する様子を示すタイムラプス動画を作成した。動画は3分30秒だが、実際にはジュノーがガニメデと木星の間の73万5000マイル(約118万2867キロメートル)を移動するのに約15時間、さらに木星の両極間を移動するのに約3時間かかっている。

以下で動画を見てみよう。

映像の冒頭では、クレーターで覆われたガニメデの表面が見える。氷が固体から気体に変化する際にできる暗い斑点があるのが特徴だ。よく見ると、ガニメデの最も大きくて明るいクレーターのひとつである「トロス(Tros)」が、放出された物質の白い光線に囲まれているのが見える。

この画像の撮影時、ジュノーは時速約4万1600マイル(約6万6948キロメートル)で飛行していた。しかし木星に近づくにつれ、ジュノーは木星の重力によって時速13万マイル(約20万9200キロメートル)近くまで加速した。

動画では、木星が暗黒の宇宙空間から水彩画のように浮かび上がり、その荒れ狂う表面の様子がよくわかる。連なる白い楕円形は、木星の南半球の巨大な嵐「真珠の連なり(string of pearls)」(この動画では8つ嵐のうちの5つが見える)だ。白い光の点滅は稲妻だ。

テキサス州サンアントニオの「サウスウエスト・リサーチ・インスティテュート(Southwest Research Institute)」でジュノーの主任研究員を務めるスコット・ボルトン(Scott Bolton)は、「この動画は、深宇宙探査が、いかに美しいものであるかを示している」と声明で述べた

「今日、人類が地球の軌道上で宇宙を訪れることができるというエキサイティングな展望に近づいていることは、人類が太陽系の異星人の世界を訪れるであろう数十年先の未来に向け、我々の想像力を駆り立てる」とボルトンは付け加えた。

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

矢澤麻里子

働きすぎるのが怖い。「VCとしては尊敬できるけど、奥さんじゃない」と突きつけられた離婚【矢澤麻里子3】

  • 浜田 敬子 [ジャーナリスト/前Business Insider Japan統括編集長]
  • Jul. 28, 2021, 07:00 AM

有料会員限定

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み