無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


NASA、国際宇宙ステーションでチリペッパーを栽培…長期ミッションでの食料確保に向けて

宇宙ステーションでチリペッパーを栽培中

ケネディ宇宙センターにある宇宙ステーション整備施設内で、研究者たちがチリペッパーを栽培している。

NASA

  • NASAの宇宙飛行士が、国際宇宙ステーションでチリペッパーの栽培を始めた。
  • 約4カ月で、宇宙飛行士たちはスパイシーな食事を楽しめるようになるという。
  • ペッパーは栄養価が高く、深宇宙探査に向かう宇宙飛行士にとっても最適な食材だ。

NASAの宇宙飛行士は、宇宙でスパイスを効かせようとしている。

国際宇宙ステーション(ISS)に搭乗する宇宙飛行士は、食材栽培収穫実験の一環としてチリペッパーの栽培を始めた。

チリペッパーの種は、2021年6月のスペースX社による22回目の商用補給サービスミッションで宇宙ステーションに届けられた。

今回の実験「Plant Habitat-04(PH-04)」では、48個のハッチ・チリペッパーの種を約4カ月かけて育てる。宇宙飛行士はチリペッパーが赤くなったら味わうことができるが、緑の状態でも食べられるという。

NASAのスペースXクルードラゴン宇宙船運用2号機(Crew-2)ミッションに参画しているフライトエンジニアのシェーン・キンブロー(Shane Kimbrough)は、種に水やり、実験を開始した。NASAによると、キンブローが宇宙で作物を育てるのは、初めてではない。彼は2016年、野菜栽培実験「Veg-03」の一環として「Outredgeous(とんでもない)」と呼ばれる赤いロメインレタスの栽培を行って、それを食べた。

宙ステーションでチリペッパーを栽培中

NASAのシェーン・キンブロー宇宙飛行士が、48個のチリペッパーの種が入った容器を植物栽培装置「アドバンスト・プラント・ハビタット(APH)」に入れる。

NASA

NASAによると、チリペッパーは、「アドヴァンスト・プラント・ハビタット(Advanced Plant Habitat、APH)」という、オーブンレンジほどの大きさの装置で栽培される。これは、宇宙飛行士が作物を栽培する軌道実験室にある3つの植物栽培装置の1つだ。

「APHは宇宙ステーション内で最も大きな植物栽培装置で、植物の成長と環境を管理する180のセンサーと制御装置が付いている」と、PH-04のプロジェクトマネージャーを務めるニコール・デュフォー(Nicole Dufour)は述べた。「これは多様性を持った栽培容器で、ケネディ宇宙センターからも実験の制御が可能なので、宇宙飛行士が栽培に関わる時間を削減できる」と彼女は付け加えた。

NASAの宇宙飛行士が宇宙ステーションで、チリペッパーを種から成熟するまで栽培するのは、これが初めてだ。PH-04の研究リーダーのマット・ロメイン(Matt Romeyn)は、「発芽から成長までの期間が長いため、これまでに宇宙ステーションで行われた中で最も複雑な植物実験の一つだ」と話した。

なぜチリペッパーなのか

ロメインによると、チリペッパーはビタミンCやその他の栄養素が豊富だ。また微小重力下でも、しっかり育つ逞しさがある。さらに、調理の必要がなく、収穫してすぐに食べられる。

チリペッパーの色も、宇宙ステーションに搭乗する宇宙飛行士にとって適している。「宇宙でカラフルな野菜を育てることは、心身の健康に長期的なメリットをもたらす」と、ロメインは述べた。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

インサイド・チャイナ

恒大危機は融創、碧桂園に波及か。「持たざる天才」の戦いが生んだ中国不動産バブルの全容

  • 浦上 早苗 [経済ジャーナリスト/法政大学IM研究科兼任教員]
  • Sep. 28, 2021, 07:00 AM

有料会員限定

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み