無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


バンカメ最新分析「半導体不足でもコスト増でも株価上昇の余地」期待の自動車メーカー3社

prime_bankofamerica_ferrari

半導体不足、原材料費などコスト上昇で自動車業界は苦境と言うが……。

Mau47/Shutterstock.com

電気自動車(EV)がここ数年、自動車業界に旋風を巻き起こしている。

これまでEV開発など検討の俎上に載せたことすらなかった自動車メーカーが、数十億ドルという資金を投じる展開だ。

EV販売台数ではテスラ(Tesla)が依然としてリードしているものの、競合メーカーによる市場シェアの侵食が少しずつ進んでいる。

販売台数は増加傾向が続き、新興スタートアップの参入も相次ぎ活況を呈するEV業界だが、新型コロナウイルスの世界的大流行により世界経済に急ブレーキがかかって以降、業界全体が大きな困難に直面している。

パンデミックにより(行動制限などの影響で)新車の需要が激減する一方、世界的な半導体不足を受けて自動車メーカーはやむなく工場を操業停止。加えて、原材料費など生産コストの上昇も自動車メーカーの利益をむしばむ。

ジョン・マーフィー率いる米銀大手バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)のアナリストチームは、自動車メーカーにとって第3四半期(7〜9月)は引き続き困難な季節になると予測する。

ただし同チームによれば、業界を好況に導くチャンスがまったくないわけではない。

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

tmb_china.001-1

中国政府、少子化対策で「宿題禁止令」。幼稚園で円周率100ケタ暗記、重い負担が社会問題に

  • 浦上 早苗 [経済ジャーナリスト/法政大学IM研究科兼任教員]
  • Aug. 03, 2021, 07:00 AM

有料会員限定

若者

22歳が今すべき、7つの自己投資

  • Quora [Q&Aサイト]
  • Aug. 02, 2021, 04:30 PM

Popular