無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


Apple Watch開発のキーマンが突如「アップルカー」プロジェクトに参画。生産開始に向け加速か

ケビン・リンチ WWDC

アップルのバイスプレジデント(テクノロジー担当)ケビン・リンチ。2019年の開発者会議(WWDC)基調講演にて。

Brittany Hosea-Small/Getty Images

アップル(Apple)のバイスプレジデント(テクノロジー担当)ケビン・リンチが、水面下で極秘に進められている「アップルカー」プロジェクトのメンバーに加わった。詳しい関係者4人がInsiderの取材を通じて明らかにした。

リンチはアップルウォッチの設計に関わった重要人物のひとり。2013年、当時まだアイデアの段階だった同プロダクトを商品化するために鳴り物入りでアップルにジョインした。

アップルにとってまだ新たなプロダクトカテゴリーだった「ウェアラブル」の形成に大きく貢献した人物として皆が認めるところだ。

同カテゴリーは現在、四半期ごとに数十億ドルという巨額の利益を生み出している。

アップルに移籍する以前、リンチはアドビ(Adobe)の最高技術責任者(CTO)として、画像修正やグラフィック作成ツールの「クリエイティブクラウド」の市場投入に大きな役割を果たした。

また、アドビが2005年に34億ドル(約3700億円)で買収した、ウェブデザインツール「ドリームウィーバー(Dreamweaver)」で知られるマクロメディア(Macromedia)では、ソフトウェア開発チームを率いた。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

Popular