無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


あなたが買い物をしているお店は、顔認識技術を使用しているかも

メイシーズの広報担当者は「組織的な窃盗が多発し、繰り返し犯行が行われているごく一部の店舗で、他のセキュリティ手法と併せて顔認識技術を使用している」とInsiderに述べている。

メイシーズの広報担当者は「組織的な窃盗が多発し、繰り返し犯行が行われているごく一部の店舗で、他のセキュリティ手法と併せて顔認識技術を使用している」とInsiderに述べている。

Noam Galai/Getty Images

アメリカの小売店では顔認識システムが使われており、それがプライバシー保護団体の反発を招いているとAxiosが報じた

デジタル上の権利保護を目指すNPO「ファイト・フォー・ザ・フューチャー(FFF:Fight for the Future)」は、セキュリティ目的で使用されることの多い顔認識ソフトウェアを企業が使用することに反対するキャンペーンを開始した。この種のソフトウェアは、従業員や顧客の顔をスキャンして保存することができ、通常は万引きや詐欺を防止することを目的としている。

「お店に入ったから、あるいはそこで働いているからといって、顔のデータが保存されたり、それが売られたりするべきではない」とFFFは述べている

「このような権利を侵害する技術の導入を検討しているアメリカの小売業者は、プライバシーよりも利益を優先させることは間違っていると知るべきだ」

この技術の支持者からすると、顔の画像は個人情報とはリンクしておらず、このシステムにより非接触型の支払いなど、ショッピング体験の向上につながるとしている。Axiosによると、新型コロナウイルスのパンデミックをきっかけに、少ない従業員で店舗を運営するための手段として、このシステムを採用する小売業が増えたという。

キャンペーンのウェブサイトによると、メイシーズ(Macy's)、アップル(Apple)、ロウズ(Lowe's)、アルバートソンズ(Albertsons)、エース・ハードウェア(Ace Hardware)、H.E.Bグローサリー(H.E.B grocery)の6社が同技術を採用している小売業者となっている。しかし、アップルとロウズの広報担当者はInsiderに対して、それを否定した。

メイシーズの広報担当者は「組織的な窃盗が多発し、繰り返し犯行が行われているごく一部の店舗で、他のセキュリティ手法と併せて顔認識技術を使用している」とInsiderに回答した。

ウォルマート(Walmart)、クローガー(Kroger)、ホームデポ(Home Depot)、ターゲット(Target)、コストコ(Costco)、CVS、ダラー・ツリー(Dollar Tree)、ベライゾン(Verizon)は、顔認識技術を使用しておらず、今後も使用する予定はないとFFFに述べている。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

インサイド・チャイナ

恒大危機は融創、碧桂園に波及か。「持たざる天才」の戦いが生んだ中国不動産バブルの全容

  • 浦上 早苗 [経済ジャーナリスト/法政大学IM研究科兼任教員]
  • Sep. 28, 2021, 07:00 AM

有料会員限定

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み