無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


米メディアで進む「アフィリエイト・マーケティング」。最新動向を分析

  • この記事はインサイダー・インテリジェンスによる調査レポート「パブリッシャーとEコマース 2021(Publishers and Commerce 2021)」のプレビュー版。

アフィリエイト・コマースは、多くのパブリッシャーやマーケターにとって目新しいものではない。だが近年は、これまで以上に多くのコンテンツ・パブリッシャーがアフィリエイトに参入するようになっている。そのため、パフォーマンスマーケターが質の高いコンテンツを通じて、質の高いオーディエンスにリーチする機会が増えている。さらに、アフィリエイト・モデル自体も進化している。一部のアフィリエイトサービスプロバイダーは、購入に至るまでのタッチポイントとなった複数のパブリッシャーの貢献を反映させる、より多くの方法をマーケターに提供するようになっている。

従来、アフィリエイト広告の出稿先と言えば「クーポンサイト」「キャッシュバックサイト」「ロイヤリティサイト」「価格比較サイト」「レビューサイト」などが一般的だった。しかし、メレディス・コーボレーション(Meredith Corporation)、ハースト(Hearst)、コンデナスト(Condé Nast)などのメディア・コングロマリット傘下の大手メディアブランドや、バズフィード(BuzzFeed)やヴォックスメディア(Vox Media)を含むデジタルメディアなど、質の高いコンテンツを提供するパブリッシャーが参入してきたことで、これまでとは傾向が変わってきた。また、近年ではインフルエンサーも積極的にアフィリエイトに参入している。マーケターは、以前よりもはるかにプレミアム感と影響力のあるコンテンツ系パートナーと組めるようになっている。

アメリカのパブリッシャーが2021年第1四半期に見込んでいる、最大の収益源(赤)と3位以内の収益源(黒)

アメリカのパブリッシャーが2021年第1四半期に見込んでいる、最大の収益源(赤)と3位以内の収益源(黒)。

Business Insider Intelligence

アフィリエイトサービスプロバイダー、インパクト(Impact)のCEOであるデビッド・A・ヨバンノ(David A. Yovanno)氏は次のように述べている。

「アフィリエイト広告の出稿先は、アフィリエイトサイトやポイントサイトにとどまらず、大きく広がっています。いまは、ブランド力のあるメディアがレビューを掲載し、プロダクトにお墨付きを与えてくれます」

本レポート「パブリッシャーとEコマース 2021」のために取材したパブリッシャーの多くは、Eコマース収益の大半をアフィリエイト・パートナーシップから得ているとしている。これはつまり「ウェブサイト」「ソーシャルメディア」「メルマガ」などのチャネルに貼られたアフィリエイトリンクや広告を閲覧者がクリックしたり、コンバージョンにつながった時にブランドや小売業者から得られる報酬で稼いでいるということだ。

アフィリエイトに対するマーケターの認識も、パブリッシャーの多様化に伴い変化してきている。

アフィリエイトサービスプロバイダー、パートナーライズ(Partnerize)のCEOマット・ギルバート(Matt Gilbert)氏は次のように語っている。

「コンテンツが収益増に大きく貢献することが分かってきたいま、アフィリエイト・チャネルはマーケティング責任者から正当に評価されるようになるでしょう。これまでアフィリエイトは、クーポンやキャッシュバックのチャネルとして認識されてきましたが、いまは違います」

「2021年における広告予算配分の変更」について、世界のマーケティング責任者に尋ねたアンケート

「2021年における広告予算配分の変更」について、世界のマーケティング責任者に尋ねたアンケート。回答者の65%がアフィリエイト(Partner/channel marketing)への支出を増やすとしている。

Business Insider Intelligence

調査会社ガートナー(Gartner)が世界のB2Cマーケティング責任者を対象に2020年5月に行った調査では、回答者の65%が「2021年にアフィリエイト・マーケティングへの支出を増やす」としており、逆に減らすとしているのはわずか21%だった。

コンテンツ・パブリッシャーは、コンバージョンに関してはさほど大きなの貢献をしていないかもしれない。だが、クオリティ面で優れていることは間違いない。ブランド力があり透明性の高いパートナーを求める広告主にとって、有名パブリッシャーは魅力的だ。そこで自社製品への認知を大きく向上させ、そのオーディエンスから集客ができるからだ。

イギリスの業界団体、インターネット広告協会(Internet Advertising Bureau UK)が2021年1月に行った調査によると、イギリスのアフィリエイト・マーケターは「コンテンツ系サイト」を「ポイントサイト」に次いで価値のあるアフィリエイトモデルと評価しており、10点満点中、7.41点をつけている。

本レポートの完全版を入手するには:

リサーチストアからレポート完全版をご購入・ダウンロードする。→購入・ダウンロードはこちらから

※購入ページに進みオンライン決済完了後、領収証が発行されます

[原文:How content publishers can leverage the affiliate channel

(翻訳・野澤朋代)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み