無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


国際輸送時の環境汚染度を測定…ウォルマートやアマゾンなどの小売企業15社

インド西部のグジャラート州にあるアラン造船所で解体された数千隻の船のうちの1隻、エクソン・バルディーズ号。

インド西部のグジャラート州にあるアラン造船所で解体された数千隻の船のうちの1隻、エクソン・バルディーズ号。

AP Photo

  • 環境保護団体による最新の調査では、小売業者の商品輸送時の気候汚染を測定している。
  • ウォルマート、ターゲット、イケア、アマゾンなどの大手小売企業は、海洋汚染のトップ10に入っている。
  • ウォルマートが1年間に排出する温室効果ガスの量は、石炭発電所1基分に相当するとザ・ヴァージが報じた。

自然保護団体のPacific EnvironmentStand.earthが発表した新しいレポートによると、大手企業15社が商品の国際輸送時に排出する気候汚染物質の量はアメリカの150万世帯分に相当するという。

小売大手のウォルマート(Walmart)、ターゲット(Target)、ホームデポ(Home Depot)、イケア(Ikea)、アマゾン(Amazon)、ナイキ(Nike)などが、最悪の汚染者として挙げられている。トップはウォルマートで、1年間に石炭火力発電所1基分の温室効果ガスを発生させているとザ・ヴァージ(The Verge)が最初に報じた。

「企業の排出ポートフォリオの柱となるこの部分に関する調査は、これまであまり行われてこなかった」と、レポートの主執筆者であるマデリン・ローズ(Madeline Rose)はザ・ヴァージの取材に対して述べた

「率直に言って、気候変動の緊急事態が目の前に迫っている今、データシステムを作り直して透明性をさらに高める必要があると感じている」

60f73368aa1f1f0012f68712

Pacific Environment / Stand.earth

現在、アメリカ人は非常に多くの輸入品を購入しているため、船舶会社は競って船を建造しており、各ブランドは通常の10倍の輸送量を支払っていると2021年7月にInsiderが報じた

今回の調査では、小売企業の15社が海外の商品をアメリカに輸入する際に排出される温室効果ガスと大気汚染を測定している。

最終的なランキングを算出するため、研究者たちは各企業が使用する貨物船を追跡し、燃料消費量と排出量を推定した。この結果には貨物船の帰りの分は含まれていないため、汚染は調査結果よりもさらに深刻であると考えられている。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

インサイド・チャイナ

恒大危機は融創、碧桂園に波及か。「持たざる天才」の戦いが生んだ中国不動産バブルの全容

  • 浦上 早苗 [経済ジャーナリスト/法政大学IM研究科兼任教員]
  • Sep. 28, 2021, 07:00 AM

有料会員限定

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み