無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ジェフ・ベゾスととも飛んだ最高齢の宇宙飛行士「暗くて短かすぎたが、すばらしいものだった」

ニューシェパードのカプセル内

ニューシェパードのカプセル内の様子。

Blue Origin

ブルーオリジン(Blue Origin)社は、2021年7月20日の朝(現地時間)、最初の乗客を宇宙に向けて送り出した。その約10分後、乗組員はわずか3分間の無重力状態を経て、西テキサスの砂漠に帰還した。

82歳の飛行士、ウォリー・ファンク(Wally Funk)さんは、飛行後のセレモニーで、「1分1秒がとても楽しかった。もっと長かったらよかったのに」と述べた。

2000年にブルーオリジン社を設立した億万長者のジェフ・ベゾス(Jeff Bezos)は、ファンクさんと自身の弟マーク・ベゾス(Mark Bezos)をフライトに招待した。オランダの高校を卒業したばかりの18歳、オリバー・デーメン(Oliver Daemen)さんも彼らに加わった。彼の父親が、オークションの落札者が辞退した最後の1席を購入したのだ。

地上に戻ると乗客たちは顔をほころばせ、あちこちでハグをし、シャンパンを飲む人もいた。しかし、乗客の中には、フライトについての注意点を指摘する人もいた。

「真っすぐ上昇すると暗闇が見えました」と、宇宙旅行をした最年長者のファンクさんは言う。

「世界を見に行くと思っていたのですが、高さが十分ではありませんでした」

実際、ライブ配信中にファンクさんが「ここは暗い」と言っているのを聞くことができた。

ニューシェパードのカプセルから降り立つファンクさん。

ニューシェパードのカプセルから降り立つファンクさん。

Blue Origin via Reuters

シートベルトを外した乗客は、宇宙船の窓から地球を見た。しかし、それは月から見たような青い大理石ではなく、プロの宇宙飛行士が国際宇宙ステーションから見たような湾曲した地平線でもなかった。国際宇宙ステーションは、ベゾスたちが到達した高度の約4倍の高さにある。

飛行後のセレモニーで、ブルーオリジン社は宇宙船内で撮影した映像を公開した。背景には、雲と地球の大気圏の端、そしてその先にある宇宙の黒さがはっきりと見える。

ファンクさんは何十年も前から宇宙に行くことを夢見ていた。

彼女は1961年にマーキュリー13と呼ばれる女性だけの宇宙ミッションに参加したが、最終的に計画は中止された(性差別的な理由だったと思われる)。その後、彼女は航空業界で長いキャリアを歩んだ。ブルーオリジン社のビデオでは、ファンクさんはこれまでに3000人以上の人々に飛行について教えてきたと紹介している。しかし、彼女は今まで一度も宇宙に行ったことはなかった。

短時間で船内が混雑していたにもかかわらず、彼女はフライトが「すばらしかった」と述べた。

「楽しかったです。また行くのが待ち遠しい」

ファンクさんは、ヴァージン・ギャラクティック(Virgin Galactic)とも契約しており、今回同様の約5分間の微小重力体験をすることになる。このフライトがいつ行われるかは明らかになっていない。

[原文:Jeff Bezos' guest describe a short, crowded spaceflight experience: 'There was not quite enough room'

(翻訳、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

219021134_827108451309823_1760150731381378736_n(1)

副業ブームの今、大企業を辞めて私があえて専業ライター選ぶ理由

  • りょかち [ライター/コンテンツプランナー]
  • Aug. 04, 2021, 07:10 AM

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み