無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


渋谷の象徴「SHIBUYA109」の今。Z世代と社会の架け橋となる、若者ソリューションカンパニーへ

SHIBUYA109エンタテイメント社長 石川あゆみ氏

SHIBUYA109エンタテイメント社長 石川あゆみ氏

撮影: 田尻陽子

「SHIBUYA109」と聞いて、連想されることはなんだろうか。ルーズソックスを履いた女子高生、カリスマ店員ブーム、ギャルの聖地……。連想される風景は、世代によってさまざまな絵を描く。とはいえ、どの世代にも共通していえるのは、「渋谷の象徴としてそこに在り続ける」イメージだ。今回は、そんなSHIBUYA109渋谷店を運営するSHIBUYA109エンタテイメントの社長・石川あゆみ氏にインタビュー。

石川氏は、2021年4月にSHIBUYA109エンタテイメントの新社長として着任したばかり。新しい経営方針として、「Z世代と企業・社会の架け橋となる“若者ソリューションカンパニー”」を掲げた。私たちのイメージ通り「渋谷の象徴」として、率先して若者の価値観や消費行動をキャッチしてきたSHIBUYA109。

彼らは「今の若者」Z世代をどう捉え、彼らの抱える課題をどう解決しようと取り組んでいるのか。そこには、前衛的な未来が存在するに違いない。これは、ワクワクするお話が聞ける。……そういった確信を胸に、SHIBUYA109の「新たな試み」について石川氏に聞いた。

「SHIBUYA109 lab.」を通じてZ世代のインサイトを深掘りし、課題解決へと生かす

SHIBUYA109渋谷店を運営するSHIBUYA109エンタテイメント社長 石川あゆみ氏

1977年生まれという彼女自身も、SHIBUYA109の煌めきを肌で感じていた。だからこそ、SHIBUYA109を通じてZ世代が社会に貢献できることは、多大であると考えている。

撮影: 田尻陽子

新たな経営方針「Z世代と企業・社会の架け橋となる」を実現する第一歩として、SHIBUYA109は新しい世代を「around20」=15〜24歳と定義し、彼らの価値観や違和感を探るべく、マーケティング機関「SHIBUYA109 lab.」を開設。毎週のように当該世代にグループインタビューを実施し、毎月およそ200人を超えるaround20、すなわちZ世代と向き合っているという。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

インサイド・チャイナ

恒大危機は融創、碧桂園に波及か。「持たざる天才」の戦いが生んだ中国不動産バブルの全容

  • 浦上 早苗 [経済ジャーナリスト/法政大学IM研究科兼任教員]
  • Sep. 28, 2021, 07:00 AM

有料会員限定

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み