無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「ライフシフト」から「エイジシフト」へ。年齢をキャリアブレーキの理由にしない生き方【田中研之輔】

プロティアン思考術

撮影:今村拓馬

「何歳ですか?」

ふとした時に投げかけられるこの言葉。皆さんもそんな問いを投げかけられたことはありませんか?

しかし私は、この「何歳ですか?」という問いが発せられているのを耳にするたび、発した本人・問いかけられた相手の双方にとってキャリアブレーキになっているのではないか、と感じます。

そこで今回は、この点について皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

リンダ・グラットンの興味深い指摘

海外と比較して相対的に同質性の高いこの国では、ありとあらゆる意思決定の場面で、年齢が判断軸となる傾向があります。

18歳で大学入学、22歳で社会人デビュー。飛び級、留学、ギャップイヤー、副業、転職など、以前と比べればキャリア形成のあり方は多様化してきましたが、それでも同学年や同期というグループの大半が同年齢によって構成されています。

「上司は◯歳で昇進した」「後輩は◯歳で今のポジションに就いた」といった何気ない思考や判断も、年齢を基準にした「アンコンシャス・バイアス(=無意識の偏見)」だと言えるでしょう。いつの間にか、私たちは年齢でキャリアを判断しているのです。

定年退職制度などはその最たる例と言えるでしょう。これまでどんなキャリアを形成してきたのか、今の健康状態はどうなのか、これからどんなキャリアを築いていきたいのかを個別に考慮することなく、一定の年齢に達したらそこでキャリアが終了してしまうのですから。

ところが、です。

翻訳本で37万部というベストセラーとなった『ライフシフト』の著者であるアンドリュー・スコット教授とリンダ・グラットン教授は、最新作『The New Long Life』(2020)の中で、「年齢を再考する(Reimagining Age)」という興味深い指摘をしています。

グラットン教授らは、時間と年齢を単線的に結びつける考え方を再考するよう提案しています。年齢というのは、もっと柔軟で順応性の高いものとして理解する必要がある、と。

そうなると、20代、40代、60代……といった世代も、本人の自己定義によって意味合いが変わってきます。

年齢という概念は、次の3つで構成されています。

  1. 生物学的年齢(実際に、生まれて何年経過したか)
  2. 社会学的年齢(他者・組織・ルールによって、規定される年齢)
  3. 主観的年齢(自分が何歳だと認識するか)

これからのキャリア形成においてとりわけ重要なのは、3. 主観的年齢です。

コロナ禍は私たちに、これからの働き方や生き方を内省する機会を与えてくれました。オフィスという物理的空間に拘束される固定的な働き方から、働く場所が問われない動態的な働き方へと、ワークシフトが進みました。

この機会に戦略的に便乗して、キャリアを生物学的年齢で捉えるのではなく、主体的な働き方によって自己定義していく主観的年齢へと、「エイジシフト」を実装すべきです。

グラットラン教授らは、「バースデーパーティーは20世紀の発明に過ぎない」とも指摘しています。歴史を紐解けば、人間は何年何月何日に生まれたのかなど知らずに生きてきた。生物学的年齢がこれほどまでに重視されるようになったのは、政府が19世紀に出生記録をとり始めたからにすぎないのだ、と。

さあ、生物学的年齢で自己定義することを今日からやめましょう。個々のキャリア形成において、生物学的年齢は重要ではありません。

「◯歳だからできない」と考えることは、根拠のない迷信です。私たちの身体状態、環境、これまでのライフストーリーは、それぞれ固有の物語なのです。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み