無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ジャック・マー「データテクノロジー時代は“利他”が思想の中核になる」

ジャック・マーの言葉

REUTERS/Charles Platiau

2015年10月、アリババグループは杭州市の西湖エリアで「第1回雲栖(うんせい)大会」を開いた。同イベントは2009年から隔年で開催されていたアリババの開発者大会を、イノベーションやコンピューター、データにフォーカスした次世代技術イベントとして発展させたものだ。バイドゥ、アリババ、テンセントからなる「BAT」が、米国のGAFA(グーグル、アマゾン、フェイスブック、アップル)に並ぶ存在として国際的に注目される中、ジャック・マー氏は過去2回の産業革命を引き合いに出しながら、21世紀の「第三次産業革命」でどんな変化が起きるか、企業や個人がどう対応すべきかを語った。

20分にわたるスピーチを要約して紹介する。


起業家、そしてイノベーターの皆さんこんにちは。

昨日、ある外国の大使からこう聞かれました。

「アリババはニューヨークで上場しましたね。次の夢は何ですか」

私の夢はもっと遠くにあります。102年企業になることですから。ようやく16年が過ぎました。あと86年存続させなければなりません。ただこれからの86年における本質的な願いは、私たちの存在と努力によって、より多くの人々の夢を実現することです。

中国の成長には目を見張るものがあります。インターネットの発展は、従来型経済の機会を奪ったと思っている人もいるでしょう。しかしこの会場も設計からわずか85日で完成したそうです。機会がないはずはなく、行動するかどうかです。このようなスピード感、夢があれば、それは実現します。

私たちは多くのことを理解できませんが、理解できないのは素晴らしいことです。分からないから好奇心を持ち、探索できるのです。

マー語録

この数年、BAT(バイドゥ、アリババ、テンセント)が中国にあるイノベーション、アイデア、起業のチャンスを全て手中に収めたという話をよく見聞きします。思い出してください。20年前、私たちはビル・ゲイツ、IBMにチャンスを奪われたと感じていました。しかしこの20年で、数えきれないほどの企業が生まれました。

BATという3巨人を前にして、自分たちに機会があるはずもないと考える人もいるかもしれません。しかし言っておきましょう。村の地主が戦死したら、村人は豊かになりますか。BATが今後成長を続けるとしても、皆さんが勝利を収める機会はあります。なぜなら今の起業環境、起業周りのインフラ、そして金融環境は15年前よりはるかによいからです。人の素養、起業の能力といった面でも、当時の私たちは足元にも及びません。

皆さんはアリババの創業メンバー18人を非常に素晴らしいと言ってくれますが、18人が16年前に起業したのは、いい仕事が見つからなかったからです。私たちは立派な学歴、経歴、コネがありませんでした。私たちが一緒に事業を起こしたのは、努力をすれば夢がかなう未来があると信じたからです。

データが石油に代わる人類の最も重要な資源になる

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み