無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


SNSから有害情報や人種差別を消し去ることはできない…バイデン政権の非難に反論

2019年10月23日、アメリカ・ワシントンで開催された下院金融サービス委員会の公聴会で証言するフェイスブックのマーク・ザッカーバーグ会長兼CEO。

2019年10月23日、アメリカ・ワシントンで開催された下院金融サービス委員会の公聴会で証言するフェイスブックのマーク・ザッカーバーグ会長兼CEO。

Reuters/Erin Scott

  • フェイスブックのCEOは、コンテンツを制御することは犯罪と戦うようなものだと述べた。
  • インスタグラムの幹部も同様に、ある程度の人種差別がネット上に存在することは「避けられない」と述べた。
  • 彼らのコメントは、プラットフォームから有害なコンテンツを完全に消し去ることはできないことを示している。

フェイスブック(Facebook)はプラットフォーム上の誤った情報や人種差別への対策が十分ではない、という非難に対して2人の幹部が見解を述べた。

フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg)CEOと傘下のインスタグラム(Instagram)の責任者、アダム・モセリ(Adam Mosseri)は、自社のプラットフォームから有害なコンテンツを完全になくすことはできないという同じ結論に達したようだ。

ジョー・バイデン(Joe Biden)大統領は、フェイスブックや同様のプラットフォームが「人々を殺している」と発言しており、それについて技術系ニュースサイトのThe Vergeがザッカーバーグにコメントを求めたところ、彼は「都市で犯罪と戦うのと少し似ている。誰も、犯罪を完全になくすことができるとは思っていないだろう」と答えた。

「警察が目指しているのは、それではない。だとすれば、もし犯罪が発生したとしても、警察が失敗したことにはならない」

その代わり「我々に期待されていることは、信頼されるシステムだ。例えば、警察ならば、犯罪が起きるのを抑止してその原因を捉え、影響を最小限にとどめて事態を良い方向に導き、他の問題にも先手を打つというようなことだ」とザッカーバーグは述べた。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み