無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


LAの新規感染5人に1人がワクチン接種済み…軽症か無症状だが、感染源になる可能性も

ワクチン接種を受ける医療従事者。2021年2月。

ワクチン接種を受ける医療従事者。2021年2月。

Lucy Nicholson/Reuters

  • アメリカ・ロサンゼルス郡で6月にCOVID-19の陽性反応が出た人の5人に1人は、ワクチン接種を完了していた。
  • ワクチンを接種した人がウイルスに感染した場合、ほとんどが軽度の症状か、まったく症状が出なかったという。
  • 同郡では7月22日に2767件の新規感染者を記録し、1週間で80%増加したが、そのほとんどがデルタ株によるものだった。

アメリカ・カリフォルニア州のロサンゼルス郡で6月にCOVID-19に感染した人の5人に1人はワクチン接種を完了していたと、郡の保健当局が7月22日に発表した

ワクチンを接種した人のほとんどは、症状が軽いか、まったく症状が出なかったという。

郡当局によれば、アメリカで最も人口の多い同郡では、感染力の高いデルタ株が感染の主な原因となっているという。

ロサンゼルス郡公衆衛生局はプレスリリースの中で、「6月のロサンゼルス郡の住民の新規感染症例は、ワクチン接種を完了していた人が20%、ワクチンを接種していない人と1回だけ接種した人が80%だった」と述べている。

22日までの1週間に報告されたワクチン接種完了者の感染数は、前週から58%増加したが、接種完了者の病院での治療を必要とする人数と死者数は、わずかな割合でしか増加していない、と当局は述べている。

同局のバーバラ・ファーラー(Barbara Ferrer)博士は、ロサンゼルス・タイムズ紙に対し、ワクチン接種後にCOVID-19に感染した場合、「病院に運ばれたり、ICUに入ったりする可能性は、ワクチンを接種していない人に比べてはるかに低い」と述べている

郡では木曜日に新たに2767人の患者が発生し、前週から80%増加したと当局は述べている。この数字は「ワクチン接種を完了していない人が多ければ、もっと高くなっただろう」という。

同郡の住民の52%がワクチン接種を完了しており、59%が少なくとも1回の接種を受けているが、これはアメリカ疾病予防管理センター(CDC)による全米の平均値をわずかに上回っている。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み