無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


アマゾン、人事管理ソフトの全社「脱オラクル、ワークデイ移行」を断念。衝撃の契約終了に株価は大幅下落

prime_workday_cancel_top

人事管理クラウドソフトウェアのワークデイ(Workday)が大きな契約を喪失したことが明らかになった。

Pavel Kapysh/Shutterstock.com

事情に詳しい関係者によると、アマゾンはワークデイ(Workday)の人事管理クラウドソフトウェアを全社展開する計画を中止した。

両社は2017年に提携を発表しているが、それからおよそ3年たった昨年、蜜月関係は終わりを迎えた。

アマゾンとワークデイの提携……アマゾンは2017年、給与計算「ワークデイ・ペイロール(Workday Payroll)」などワークデイの主な人事管理ソフトウェアを購入することで合意し、全社展開を約束。また、ワークデイはその数カ月前、同社のアプリケーションをアマゾン・ウェブ・サービス(AWS)でホストすることを発表していた。

Insiderの上記報道を受け、ワークデイの株価は7月27日に7%以上下落した。

全社展開計画が失敗に終わったのは、ワークデイの導入以前にアマゾンが使っていたオラクル(Oracle)の業務アプリケーション「ピープルソフト(PeopleSoft)」からのコストフルな移行作業が何年も続いたため、と関係者は語る。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

インサイド・チャイナ

恒大危機は融創、碧桂園に波及か。「持たざる天才」の戦いが生んだ中国不動産バブルの全容

  • 浦上 早苗 [経済ジャーナリスト/法政大学IM研究科兼任教員]
  • Sep. 28, 2021, 07:00 AM

有料会員限定

Popular