無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


東大ベンチャー開発の「空飛ぶ車」が一般公開。アメリカで予約販売開始へ

空飛ぶ車

テトラ・アビエーションが日本で開発した新機種Mk-5(読み:マークファイブ)。

提供:テトラ・アビエーション

「空飛ぶクルマ」(eVOLT)を開発する東大発ベンチャー「テトラ・アビエーション」は7月26日(現地時間)、新機種「Mk-5」をアメリカで一般公開し、予約販売を開始したと発表した。Mk-5は同社初となる販売モデル。8月にはカリフォルニア州で認証取得に向け、飛行試験を始める。

テトラ・アビエーションは、2020年2月にアメリカで開かれた国際航空機開発コンペ「GoFly」で唯一の賞金獲得チームとしてディスラプター賞を獲得。その後、今回発表したMk-5の開発を進めてきた。

Mk-5の機体幅は8.62メートル、奥行き6.15メートル、高さ2.51メートル。空飛ぶ「車」とはいえ、普通の車とくらべるとさすがに大きい。

機体の重さは488キログラム。離陸可能な最大重量(最大離陸重量)は567キログラム。単純に計算すると、合計約80キロまでの人・物を搭載できることになる。

動力は完全「電動」で、翼に固定された32個のローターで垂直浮上し、尾翼にある1個のローターで水平方向へ飛行する。

最高時速は現行機(SN2)で時速108キロメートル。次機となるSN3では時速144キロメートルまで加速できる。バッテリー容量は現行機(SN2)で13.5 kWh。飛行可能距離は76キロメートルだという。

空飛ぶ車2

提供:テトラ・アビエーション

テトラ・アビエーション広報によると、飛行高度は「短期的には200m程度」としており、今回の機体の主な用途はレクリエーション用としている。

ただし、自宅から近場の空港までの移動なども、十二分に対応可能だとしている。

今後、個人顧客向けに40機ほどの予約を獲得し、1年後の納品を実現する計画だ。

テトラ・アビエーションでは、アメリカではまずプライベートパイロットライセンスを持つ富裕層向けに販売することで顧客コミュニティを形成。「ユーザーとともに次世代のeVTOLを開発し、量産へつなげていきます」としている。

なお、価格は日本円に換算すると約4000万円。カスタマイズによって、金額は加算される可能性があるという。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

インサイド・チャイナ

恒大危機は融創、碧桂園に波及か。「持たざる天才」の戦いが生んだ中国不動産バブルの全容

  • 浦上 早苗 [経済ジャーナリスト/法政大学IM研究科兼任教員]
  • Sep. 28, 2021, 07:00 AM

有料会員限定

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み