無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


米スターバックス、売り上げの74%がコールドドリンク…記録的な好業績に貢献

592dce62da6dde0ffb4402f8

Mike Blake / Reuters

  • 今四半期のスターバックスの売り上げの4分の3は、コールドドリンクが占めている。
  • コールドドリンクは、カスタマイズ・オプションをつけると、より高価になる傾向がある。
  • スターバックスは、新しいコールドブリューシステムやソーシャルメディアでの注文など、コールドドリンクに投資している。

スターバックスは、人気のコールドドリンクに牽引され、過去最高の収益を記録した。

2021年6月27日に終了した同社の第3四半期にアメリカで販売された飲料の74%がコールドドリンクだった。これは、前四半期に比べて13%の増加だ。この成長の一部は、客が暖かい季節に冷たい飲み物を好むことに起因すると考えられるが、これはスターバックスにとってはいいニュースだ。

コールドドリンクはスターバックスで販売されているものの中でも、価格が高いプレミアムな飲み物だ。このカテゴリーには、「コールドブリュー(cold brew)」、「ナイトロ コールドブリュー(nitro cold brew)」、「アイスシェイク エスプレッソ(iced shaken espresso)」、「リフレッシャー(refresher)」などがある。ニューヨーク州ロチェスター市郊外では、例えばグランデサイズの「ナイトロ コールドブリュー」が4.95ドル(約544円)。グランデサイズの「アイスチョコレート アーモンドミルク シェイクエスプレッソ(iced chocolate almond milk shaken espresso)」は5.45ドル(約600円)で、グランデサイズの「リフレッシャー」は3.95ドル(434円)だ。広報担当者がInsiderに語ったところによると、「アイスシェイク エスプレッソ」系のドリンク類だけで、この四半期の成長の3分の1以上に貢献したという。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み