無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ペイパルが3000億円で買収した「あと払い決済」ペイディとは何者なのか?

ペイディ・杉江陸氏

累計資金調達額644億円、ユーザーアカウント数が600万を突破した「後払い(BNPL)」サービス、ペイディの勝算とは。

撮影:稲垣純也

米決済大手、ペイパルは9月7日(現地時間)、日本で「あと払い決済」で知られるペイディを買収すると発表した。買収額は3000億円。

ペイパルはこの買収によって「戦略的に重要な市場である日本でのビジネス展開をさらに加速させる」と発表している。

ペイディ社は、プレスリリースで「これまでの努力と可能性をグローバルリーダー(ペイパル)に認められたことを光栄に思う」とした。

※Business Insider Japanは買収発表前の2021年7月、ペイディ社長・杉江陸氏に単独インタビューを実施している。以下、そのインタビューを再掲する。


クレジットカード不要、携帯電話番号とメールアドレスだけで瞬時に決済ができる ── 。

「BNPL(バイ・ナウ・ペイ・レイター、直訳すると『今買って後で支払う』)」と呼ばれる決済手段が、コロナ禍で大きく広がっている。

日本で躍進するのは「あと払いペイディ」で知られる「ペイディ(Paidy)」だ。

2014年のサービス開始後、ユーザーアカウント数は2021年7月の時点で600万を突破。3月にペイディを運営するPaidy社は、1億2000万ドル(約130億円)を調達したと発表。これにより、同社の累計調達額は644億円となった。

わずか数年でペイディが大きく成長した理由とは? 代表取締役社長兼CEOの杉江陸氏に話を聞いた。

世界10兆円規模の「後払い(BNPL)」市場

ペイディ・杉江陸氏

社長の杉江陸氏は、消費者金融「レイク」の再建、新生フィナンシャル社長を経て、2017年にペイディに参画した。

撮影:稲垣純也

BNPL(後払い)と呼ばれる決済サービスが、急速に成長している。

矢野経済研究所によるとBNPLの国内市場規模は2021年に1兆円を超える見込み。同調査は、2024年まで前年比約2割増のペースで、市場規模が拡大すると予測している。

世界の状況に目を移すと、アメリカの金融企業・FISが提供する「2021 Global Payments Report」の調査で、全世界でBNPLの市場規模は、約966億ドル(約10兆6000億円)に達している(2020年時点)。これはEコマースの取引高全体の2.1%にあたる。同レポートは、このシェアは2024年までに4.2%に倍増すると予測している。

BNPLを提供する企業も、ここ1年での躍進が目立っている。

オーストラリア発の「Afterpay(アフターペイ)」は8月2日、モバイル決済企業の「Square(スクエア)」に290億ドル(約3兆1800億円)で買収合意したとブルームバーグが報じた。また、2014年に設立したサンフランシスコ発の「Affirm(アファーム)」は2021年1月に米ナスダック市場に上場。初日の時価総額は、約2兆5000億円まで膨らんだ

なぜ、BNPLがいま、注目を集めているのか。

杉江氏は、BNPLがオンライン決済に与えた価値として「無利息の分割払い」と「シンプルなユーザー体験(UX)」をあげる。

「もともと、地方に住んでいる若い女性の方から、BNPLのニーズは高かった。おしゃれをしたりエステに行ったり、自分の持っているお金よりもちょっとだけ背伸びをしたい。そういうお客さまに、日本の金融機関はサービスを提供できていなかったのではないか

「24回分割でも無利息」の衝撃

ペイディ・杉江陸氏

「BNPLの本質とは、無利息の分割払いと、シンプルなユーザー体験だ」(杉江氏)

撮影:稲垣純也

杉江氏は、BNPLと従来のクレジットカード払いやほかの後払いサービスとの最大の違いは、分割払いをした時に利息がつくかどうかだ、と強調する。

クレジットカードの場合、分割払いの一種にあたる「リボ払い」は、使った金額によらず毎月一定額を支払う代わりに、分割回数が増えるに従って利息も大きく増える。

「BNPLの本質とは、お客さまにとって金利負担なくスムーズなお買い物を実現することで、いかに多くのニーズを作りだすか。だから我々は、今後も金利は絶対に取らない」(杉江氏)

競合大手として比較されがちなネットプロテクションズが提供する「NP後払い」は、分割払いには対応していない。また、メルペイが提供する「メルペイスマート払い(定額払い)」は、分割払いには対応しているが、有利子(手数料が年率15%)だ。

これらはいずれも「無利息の分割後払い」というBNPLの定義からは外れるため、ペイディの真の競合ではない ── と、杉江氏はいう。

無利息でも収益を得られる理由は、加盟店による手数料負担のビジネスモデルにあるという。

「(一般論として)1万5000円を今支払うよりも、5000円を3回にして後払いする、と説明した方が商品が売れやすくなる。加盟店は手数料を多めに払ったとしても、我々に売ってもらった方が良い(と考えている)。欧米では、BNPL=リードジェネレーター(見込み顧客を獲得すること)と捉えられている」

ペイディは2020年の1年間で、取扱高と売り上げがともに2019年比で2倍以上になった

以前は女性が8割以上を占めていたという男女比も「ほぼ半々」(杉江氏)に。男性利用者の底上げをしているのが、提携先のアマゾンとアップルからのユーザーだ。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み