無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


サステナブルじゃない! 高価な宇宙旅行は大量の二酸化炭素を排出する

ニューシェパード

ジェフ・ベゾス氏も搭乗したブルーオリジンのロケット「ニューシェパード」の内部。

Blue Origin

  • アマゾンの創業者でビリオネアのジェフ・ベゾス氏は7月、ブルーオリジン(Blue Origin)のロケットで宇宙の縁を訪れた。
  • ロケットは大量の熱、二酸化炭素、その他の大気汚染物質を大気中に排出する。
  • 宇宙船は一般的な旅客機に比べて、乗客数も非常に限られている。

自身の宇宙旅行を発表した時、ジェフ・ベゾス氏は「宇宙から地球を眺めたら自分が変わる。自分とこの惑星、自分と人類との関係が変わる」と語った。

長い間、それを経験できるのは宇宙飛行士だけだった。しかしベゾス氏は子どもの頃からそれを夢見てきたのだ。7月20日、ベゾス氏は奇妙な形の乗り物で、短時間のサブオービタル(準軌道)飛行を実現した。ヴァージン・グループの創業者でビリオネアのリチャード・ブランソン氏もヴァージン・ギャラクティックのフライトで7月11日に宇宙の縁を訪れている。2022年にはビリオネアのイーロン・マスク氏も、ヴァージン・ギャラクティックのフライトに搭乗予定だ。

宇宙旅行にかかる費用は数百万ドル、二酸化炭素の排出量は明らかにされていない。アメリカ航空宇宙局(NASA)は宇宙飛行士に多くの素質や経験を求めるが、ブルーオリジンの乗客は2日で14時間のトレーニングをするだけだ。ヴァージン・ギャラクティックは乗客に3日間のトレーニングと準備を提供する。

こうしたビリオネアたちにとって"成功"は、地球の珍しい眺めを楽しむために、さらに多くの民間人が同じような高価な旅をすることなのかもしれない。しかし、乗客定員が非常に限られていること、宇宙船の打ち上げでかかる環境への負担(これは気候変動に関連した異常気象を悪化させかねない)を考えれば、急成長しているこの「宇宙観光」という産業は持続可能ではない。

二酸化炭素が増えれば、頭痛、めまい、呼吸困難、倦怠感、窒息、けいれんなど、さまざまな健康上の問題が起こり得る。二酸化窒素が増えれば、呼吸障害が起きたり、呼吸器感染症や喘息にかかりやすくなる恐れがある。オーストラリア政府によると、窒素酸化物に長期間さらされると、慢性肺疾患を引き起こしたり、嗅覚障害に陥ることもあるという。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

インサイド・チャイナ

恒大危機は融創、碧桂園に波及か。「持たざる天才」の戦いが生んだ中国不動産バブルの全容

  • 浦上 早苗 [経済ジャーナリスト/法政大学IM研究科兼任教員]
  • Sep. 28, 2021, 07:00 AM

有料会員限定

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み