無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ティム・クックがアナリストに漏らした「iPhone SEの次なる展開」。開発途上国でアップル躍進の原動力に

prime_apple_car_timcook

2021年6月24日、米ロサンゼルス中心部のアップルストアに姿を見せたティム・クック最高経営責任者(CEO)。

REUTERS/Lucy Nicholson

グーグルはアップルを警戒したほうがいい。

開発途上国で圧倒的なシェアを占めていたAndroidスマートフォンがiPhoneに侵食されつつある。アップル最高経営責任者(CEO)のティム・クックはさらなるシェア拡大に自信を見せる。

7月27日に行われた第3四半期(アップルの会計年度で4〜6月)の決算説明会で登壇したクックは、Android端末からiPhoneへの乗り換えが強い勢いで進んでいることを強調し、なかでもインド、ラテンアメリカ、ベトナムなどの開発途上国あるいは新興市場に特に勢いが感じられるとした。

「この四半期の新興市場は信じられないほど好調だった」とクックが語ったように、メキシコ、ブラジル、チリ、トルコ、タイ、マレーシア、カンボジア、インドネシアでは、販売台数の記録を更新した。

この勢いが続けば、モバイル市場の風景は大きく変わることになる。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular