無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


人手不足のレストラン、しゃべる配膳ロボットを導入

The Matradee robot by Richtech Robotics.

Richtech Roboticsの配膳ロボット「Matradee」。

Richtech Robotics

  • 人手不足の中、カリフォルニア州のあるレストランではロボットがサービスを提供している。
  • このロボットは4つのトレイに盛られた料理や食器を、お腹をすかせた客の元へ運ぶことができる。
  • レストラン「シュガー・メディテレーニアン・ビストロ」のマネジャーがNBCニュースに語ったところによると、このロボットは人間に取って代わるものではないという。

カリフォルニア州ストックトンにあるレストランでは、アメリカの労働力不足の中でスタッフの雇用に苦労しており、ロボットのヘルパーを使って接客を行っている。

「シュガー・メディテレーニアン・ビストロ(Sugar Mediterranean Bistro)」のジェネラル・マネージャー、アナ・オルティス(Ana Ortiz)は、NBC ニュース(NBC News)の取材に対し、「我々は今、ほかのビジネスと同じように、働く人を探すのに苦労している」と語った。

「走り回って配膳をするのに十分な従業員がいない」 と彼女は付け加えた。

このロボットはRichtech Roboticsが制作したもので、同社から「Matradee」という名前を与えられている。キッチンのドアを開けることができ、キッチンからテーブルへの配膳ができるとRichtechのウェブサイトには記載されている。

「Matradee」は、光センサー技術のライダー(LiDAR)などの技術を用いて、最大20フィート(約6メートル)の範囲で周囲の状況を検知する。これにより、最大4つのトレイに盛られた料理や食器を、お腹を空かせた客のもとへ運ぶことができる。

「私が2番テーブルにいて注文を受けている間に、ロボットが7番テーブルまで料理を運んでくれる。私がロボットに汚れた食器を積み込むと、ロボットはそれをすぐに食器洗浄機に持っていく」とオルティスはNBCニュースに語った。

ロボットは客と会話をすることはできないが、言葉によるコミュニケーションは可能だ。「ロボットがテーブルに着いたら、『食べ物を取ってください。私は仕事に戻らなければなりません』とあなたに言うだろう」とオルティスは話す。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み