無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


一番しんどい子が支援からこぼれ落ちている。失われる「命を守る基盤」【Learning for All・李炯植2】

李炯植 Learning for All

撮影:今村拓馬

新型コロナウイルスの感染が急拡大した2020年春、NPO法人Learning for All(LFA)に通っていた小学校低学年の子どもが、母親にお腹を踏まれて虐待の疑いで入院するという出来事があった。

母親は生活に困窮している上、休校で子育ての負担も重くなり、たまったストレスが暴力として吐き出されてしまったという。代表理事の李炯植(30)は、「同じようなケースはもっと出てくるだろう。大変な1年になりそうだ」と、暗澹たる気持ちになった。

虐待やネグレクト。子どもの訴え続々と

RTS32P2S(1)

コロナ禍で大きなダメージを受けたのが、パート・アルバイトなどの非正規雇用労働者たちだ。その子どもたちにも当然、影響が及ぶことになった。

REUTERS/Ando Ritsuko

李の予想は当たった。休校明け、拠点に通ってくる子どもたちから「家にカップ麺しかない」「夕ご飯を3日連続で抜いた」という話が続々と出てきたのだ。さらに……。

「生活の厳しさを追いかけるように『叩かれた』『蹴られた』という虐待の訴えが増えたのです。命を守る基盤が失われていると実感しました」

と、李は表情を暗くする。

厚生労働省の調査では、2020年1月末から2021年4月初旬の間に失業した人は10万人超。野村総合研究所の推計によると、勤務シフトが半分以下に減り、かつ休業手当を受け取っていないパート・アルバイトの人数は、2021年2月までで女性103万人、男性43万人に上る。雇用保障が弱く、賃金水準も低い非正規労働者ほど、大きな打撃を受けたことがうかがえる。

LFAの関わる家庭は、ひとり親が非正規の仕事に就くケースも珍しくない。彼らのただでさえ苦しい生活は、コロナ禍でさらに深刻な状況に陥ってしまった。

休校が学力格差を拡大。昼夜逆転の子も増加

教室

コロナ禍での休校中も、LFAは居場所を開き続けた。それでも、格差は開くばかりだったと言う。

GettyImages/ MILATAS

LFAは休校中も、自治体からの閉所要請などがない限り、居場所を開き続けた。親がエッセンシャルワーカーで仕事を休めず、家に1人取り残される子どもも多かったからだ。給食のない時期にこそ、栄養ある食事を提供する必要もあるからと、透明なパーテーションで席を仕切って、食事もできるだけ出した。

一方で来所できない子のために「オンライン学童」を開所し、「オンラインだるまさん転んだ」「オンライン調理実習」など楽しむためのイベントも設けた。

「休校中は、親が子どもの世話に手が回らず、動画やゲームで遊び続けて昼夜逆転に陥る子どもが増えてしまった。オンライン学童に参加することで、朝起きて夜寝る習慣を付けてもらう狙いもありました」

と、李は説明する。

子どもたちには、必要に応じてタブレットPCやポケットWi-Fiを貸し出した。ただ弟妹が「触らせて~」とタブレットに手を出したり、横で家族が見ているテレビが鳴っていたりと、家庭学習に関しては、集中する環境を持てない子も多かったという。このため休校明け早々にリアルの拠点を再開し、オンラインとのハイブリッドに切り替えた。

李は「休校は、子どもの学力格差を拡大させてしまった」と指摘する。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み