無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


IBMプロボノの「経営道場」がNPO設立を支援。しんどい子を引き上げる社会目指す【Learning for All・李炯植4】

李炯植

撮影:今村拓馬

非営利のNPOであっても、トップに立つ人間に経営能力がなければ、組織を持続させるのは難しい。20年にわたって若者支援に取り組んできたNPO法人「育て上げネット」代表理事の工藤啓(44)は、Learning for All(LFA)代表理事の李炯植(30)について、「李さんは哲学的で造詣も深いのに、経営者の面もきちんと持っている」と評する。

しかしそんな李も、LFA立ち上げ当時、経営の知識はほぼゼロだった。

「現場について語る言葉と、大学院生として学術的に説明する言葉はあっても、ビジネスを語る言葉は持っていない。ビジョン、ミッション、バリューの意味も分からず、『学習支援の価値は何?』と聞かれても、『知らんし』と言いたい気持ちでいっぱいだった」

学生団体から独立。並走したプロボノたち

夜のPC

「プロボノ」としてIBM社員4人が設立をサポート。睡眠時間4時間の日々で李はLFA設立にこぎつけた。

GettyImages/BrianAJackson

そんな李の強い味方となったのが、ボランティアでスキルを提供する「プロボノ」として設立をサポートしたIBMの社員たちだ。人事、企業戦略など異なる分野の担当者4人が、3~4カ月集中的に伴走した。「僕にとっての『経営道場』でした」と、李は振り返る。

「1から鍛えてください」という李の依頼の通り、彼らは涼しい顔で、つぎつぎと難題を突き付けた。

「李君、2週間でビジョンとミッションと組織のロードマップを作っておいてね」

当時、李は現場のまとめ役も務めていた。学習支援が終わると、学生ボランティアと深夜までミーティング。その上に設立準備が加わって睡眠4時間の日が続き、ブラック企業どころか「漆黒の」働きぶりだったという。

こうして李は無事2014年、LFA設立にこぎつけた。

「4人に助けてもらったからこそNPOの土台ができ、ビジネススキルやマネジメントの方法も学ぶことができた」

と李。4人はその後も、プロジェクトベースでLFAの活動に参加するなど「細く長く」関わっているという。

自己責任論に対抗するには理論とデータ

李氏院生時代

大学院時代の李。東大入学から大学院修了までには11年かかった。LFAの活動を率いながら論文を書く、忙殺されるような日々も送った。

提供:李炯植

NPOの立ち上げと運営にこれほどのエネルギーと時間を費やして、学業が滞らない方が不思議だ。李は2015年に大学院を休学、2017年にいったん退学したものの翌年復学し、2020年春に修了した。余談だが、修士論文を提出した1週間後、客船ダイヤモンド・プリンセス号のパンデミックが発覚。李はコロナ禍の対応に忙殺されることになる。

大学入学から大学院修了まで、実に11年。時間をかけても大学院を出たのは、子ども支援の現場で、「実践と理論が遠い」と感じていたからだという。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み