無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


中国当局による規制は世界経済の成長に影響しない…JPモルガンが分析

中国株は2月以降、急激に下落している。

中国株は2月以降、急激に下落している。

Jie Zhao/Getty Images

  • 中国当局による最新の規制強化は、より広範な世界経済への脅威にはなりそうにないとJPモルガンのアナリストは述べている。
  • 「我々は、中国でのさらなる規制強化のリスクは、世界的な問題というよりローカルな問題であると見ている」とアナリストは述べた。
  • JPモルガンは、新興国株式の評価を「オーバーウェイト」としていることを強調し、多くの中国株は現在、相対的に割安な価格で取り引きされていると述べた。

JPモルガン(JPMorgan)によると、中国当局による最新の規制強化は産業界全体におよび、中国株の下落にもつながっているが、世界経済全体への脅威となる可能性は低いという。

同社のマルコ・コラノヴィッチ(Marko Kolanovic)率いるアナリストチームが8月2日に公開したメモによると、中国では規制が続くかもしれないが「経済成長に影響を与えるほどの変化には至らないだろう」としている。

また、新興国株式の評価を「オーバーウェイト」に据え置いていることを強調し、規制強化の影響を受けたセクターにおける中国株は、過去の価格に比べてかなり割安になっていると指摘している。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

Popular