無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ビットコインはエルサルバドル経済の救世主になるか…メリットとデメリットをバンカメが分析

6107d7f7ea74d40019ba14fd

Jose Cabezas/Reuters

  • バンク・オブ・アメリカ(BofA)によると、エルサルバドルの経済は、ビットコインの導入によって海外送金の決済コストを下げることで活性化する可能性があるという。
  • また、ビットコインによって経済のデジタル化が促進され、アメリカからの投資が増える可能性があるとも述べている。
  • しかし、ビットコインは激しく乱高下するため、全体としては悲観的な見方を変えていない。

多くの金融機関と同様、バンク・オブ・アメリカ(BofA)も、エルサルバドルがビットコインを法定通貨として採用することは、潜在的な利益よりもリスクの方が大きいとしている。

しかし、同行のアナリストは7月下旬に発表したノートで、移民した人がエルサルバドルに送金しやすくなる、銀行業務のデジタル化に役立つ、アメリカとのビジネスが拡大するなど、多くの利点があると述べている。

「(ビットコインの法定通貨化に対し)市場は過度に悲観的になっており、利点が見落とされている。ただし、これらの利点は確かに不確実なものではある」と、ラテンアメリカのストラテジストのクラウディオ・イリゴエン(Claudio Irigoyen)らがノートで述べている。

海外からの送金手数料が安くなる

多くの発展途上国と同様に、エルサルバドルでも海外からの送金が、経済の大きな部分を占めている。国外で出稼ぎをしている労働者が本国に送金する額がGDPの24%を占めるほどだ。

ビットコインを利用すると、エルサルバドルへの送金コストが下がり、経済に貢献できる可能性があるとBofAは述べている。銀行を介した国際送金の平均的なコストは10%以上だが、ビットコインを使用すればもっと安くなる可能性がある。しかし、ビットコインはボラティリティが高く、取引手数料も大きく変動するかもしれない。

経済のデジタル化に役立つ

BofAによるとエルサルバドルの成人の70%以上が銀行口座を持っていないという。しかし、デジタルマネーの一種であるビットコインはスマートフォンのアプリなどで簡単に利用できる。

「そのため、ビットコインを通じて電子決済へのアクセスを民主化することは、革新的な取り組みだといえる」とBofAのアナリストは述べている。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み