無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ソフトバンクG出資のmRNA+AI創薬「ディープ・ジェノミクス」200億円調達のプレゼン資料を入手

「人工知能は遺伝医学の地平を切り拓くのに役立つか」をテーマにしたディープ・ジェノミクス(Deep Genomics)の紹介動画。

Deep Genomics YouTube Official Channel

1990年代、ブレンダン・フレイは医学に大した興味を抱いていなかった。

カナダの名門トロント大学の博士課程に在籍していたフレイは、コンピュータサイエンスにおける新たなアプローチの最前線に身を置き、同僚たちとともに世界初となる深層学習アルゴリズム(のひとつ)の研究開発を進めていた。

音声認識やテキスト解析(自然言語処理)などの問題に取り組んでいたフレイだったが、2002年に健康上の不安を感じたことをきっかけに、自らの研究をヘルスケアに応用できないか考えるようになっていった。

「妊娠した妻が検査を受けた際、遺伝子に懸念があることが判明したのです。遺伝カウンセラーに相談したところ、何の問題も起きないこともあれば、最悪の事態になることもあるとの回答。重大な決断に踏み切る必要があるかもしれない自分たちにとって、有用な情報はほとんど得られませんでした」

それ以来、フレイは遺伝子変異の発見とその治療の間にあるギャップを埋めるための研究に力を注ぐようになった。

2015年の段階で研究のポテンシャルを確信した彼は、自ら「ディープ・ジェノミクス(Deep Genomics)」を立ち上げた。

2023年までに臨床試験4件、30種類以上の新薬研究を

ディープ・ジェノミクスは7月28日、ソフトバンクグループ傘下のビジョン・ファンドがリードインベスターを務めたシリーズCの資金調達ラウンドで、1億8000万ドル(約200億円)を集めたと発表。フィディリティ、カナダ年金制度投資委員会(CPPIB)なども出資した。

トロントに本拠を置く同社は、機械学習や人工知能(AI)などソフトウェア技術の創薬への活用を目指して数億ドル規模の資金調達に成功したいくつかのバイオテック企業のひとつ。

そうした企業のうち7社が、過去12カ月間に24億ドル(約2600億円)超を調達している。

ソフトバンクグループの動きはとりわけ目立ち、ディープ・ジェノミクス以外にも、エクスタルパイ(XtalPi、晶泰科技)、エクセンシア(Exscientia)の直近の資金調達ラウンドでリードインベスターを務めている。

prime_deepgenomics_table

2020年以降に大規模資金調達に成功したバイオテック企業。ディープ・ジェノミクスの調達額が埋没するほど巨額の資金が流れ込んでいる。

Insider

ディープ・ジェノミクスは、過去1年間で大きな注目を集めるようになった「メッセンジャーRNA(mRNA)」ベースの医薬品開発に特化している。

モデルナ(Moderna)とファイザー(Pfizer)・ビオンテック(BioNTech)連合が開発した新型コロナワクチンもmRNA技術から生まれた。

従来の医薬品の研究開発では、何千もの化学物質をスクリーニング(選別)して有効な候補化合物を見つけ出すのが一般的だったが、mRNA医薬品はまったくアプローチが異なり、遺伝情報を担うDNAの塩基配列(とそれが転写されるmRNA)をもとにつくり出される。

ディープ・ジェノミクスの最高経営責任者(CEO)でチーフエンジニアも兼務するフレイによれば、同社が専門に扱うのは「立体障害オリゴヌクレオチド」と呼ばれる、他と異なるタイプのmRNA医薬品。安全性が高く、サイズも小さく調整できる点で、きわめて魅力的な化合物となる。

同社は現在、開発初期段階の候補薬を10種類抱え、ウィルソン病(先天性銅過剰症)というまれな遺伝性疾患をターゲットにした最初の医薬品は、2021年後半にもヒトを対象とする臨床試験に着手する計画だ。

2023年半ばまでには、4種類についてヒト臨床試験を、30種類について前臨床研究を展開する計画という。

評価額1000億ドルを目指して

ブレンダン・フレイ

ディープ・ジェノミクスの最高経営責任者(CEO)兼チーフエンジニア、ブレンダン・フレイ。

Deep Genomics

今回シリーズCラウンドで調達した資金を使って、ディープ・ジェノミクスは複雑な疾患の研究に着手する。スタッフは現在の75人から、2022年末までに倍以上の160人に増やす予定。

フレイが目指すのは、ディープ・ジェノミクスを評価額1000億ドル(約11兆円)規模の企業に成長させること。ソフトバンクグループやフィデリティを投資パートナーに選んだのは、彼の長期的なビジョンを共有できる相手だからだ。

Insiderはディープ・ジェノミクスが今年5月にシリーズCラウンドをクローズした際に使ったプレゼン資料を入手した。

プレゼン資料1

Deep Genomics

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

インサイド・チャイナ

恒大危機は融創、碧桂園に波及か。「持たざる天才」の戦いが生んだ中国不動産バブルの全容

  • 浦上 早苗 [経済ジャーナリスト/法政大学IM研究科兼任教員]
  • Sep. 28, 2021, 07:00 AM

有料会員限定

Popular