無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


テスラのエンジニアも「自動運転」に懐疑的だった…テスラに関する最新書籍で

テスラのエンジニアは自動運転に懐疑的だった

イーロン・マスクは2016年、テスラの新車すべてに自律走行するハードウェアを搭載すると宣言した。

Yasin Ozturk/Anadolu Agency via Getty Images

  • イーロン・マスクが考える自動運転技術に関して、最初に批判した人々にはテスラのエンジニアが含まれていたと最新の書籍に記されている。
  • これは、2021年8月3日発売の『Power Play: Tesla, Elon Musk, and the Bet of the Century』の内容だ。
  • エンジニア、広報、法務担当者は、マスクが2016年に「オートパイロット」の性能を誇張したことに不安を抱いていた。

イーロン・マスク(Elon Musk)は、テスラ(Tesla)の運転支援機能を誇張した表現で説明することで、長年に渡って批判されてきた。実際には「オートパイロット(Autopilot)」は自動で運転することではなく、「完全自動運転(Full Self-Driving)」は自律走行しないからだ。

そのような批判の大半は、安全性を重視する人々や政治家、自動車業界関係者によるもので、彼らは自動運転技術に対するテスラの迅速ではあるが厳格ではないアプローチは、人々を危険にさらすと述べている。彼らは、システムができることや今後可能になることについて、あまりにも楽観的に約束すると、人々に誤用させて事故を誘発すると主張している。

だが、2021年8月3日に発売されたテスラに関する最新の書籍、ティム・ヒギンス(Tim Higgins)の『Power Play: Tesla, Elon Musk, and the Bet of the Century(パワープレー:テスラ、イーロン・マスク、そして世紀の賭け)』によると、初期のそのような懸念はテスラ内部からも起きていたという。

マスクのチームについて詳しい人物によると、オートパイロットチームを率いていたスターリング・アンダーソン(Sterling Anderson)はシステムが最初に発表された1年後の2016年後半、オートパイロットのハードウェアとソフトウェアの最新版のリリースを控えていたが、マスクがおおげさな約束をする傾向があることに不安を感じていたという。

アンダーソンは、彼が携わった機能をアップグレードしても、システムが車を完全にコントロールすることはできないとわかっていた。オートパイロットは以前も今も、主に高速道路向けに作られており、多くのカメラとセンサーを使い、車線を維持して前方の車と車間距離を取るためのものだ。

書籍によると、アンダーソンはマスクが完全に自動運転すると宣言するのではないかと恐れ、同社のマーケティング部門のトップであるジョン・マクニール(Jon McNeill)にその懸念を伝えたという。

テスラの法務と広報のスタッフは、アンダーソンの懸念を共有していた。これらのやりとりを知る人物によると、彼らは1年間、オートパイロット使用時でもハンドルから手を離してはいけないということをマスクに言い続けた。だがテレビのレポーターを乗せたテスト運転で、マスクは何度もハンドルから手を離した。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み