無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


夫に帯同した日本で離婚…セクシュアリティを自覚。アメリカの同性婚制度で結婚式

自分の好きな道を選び、自分たちの夢を実現しようと奮闘する夫婦のパートナーシップを探る「だから、夫婦やってます」。7回目の後編は、アメリカ・オレゴン州出身のテレサ・スティーガーさん。

日本での離婚をきっかけに自身のセクシュアリティと向き合い、坂田麻智さんとのお付き合いを始めたテレサさんから見たパートナーシップのあり方とは。

坂田麻智さんとテレサ・スティーガーさん

撮影:千倉志野

—— 出会いのきっかけと結婚の経緯は?

私はアメリカで生まれ育ち、高校の同級生だった男性のパートナーと結婚し、2006年に来日しました。元夫が日本で仕事を探すことを希望して、彼に付き添う形で日本で暮らし始めたのですが、だんだんと夫婦関係がうまくいかなくなり、離婚することに。そのとき、自分のセクシャリティについて初めてきちんと向き合って考え、私は同性愛者なのだと自覚したんです。

カトリックを信仰する家に生まれ育ち、異性婚こそが正統だとずっと教えられてきたので、自分も「間違ってはいけない」と思い込んでいた。女性が好きな自分を認めてからは、ずっと抱えていたモヤモヤが晴れるような開放感がありました。

離婚後にすぐに帰国する勇気も持てず、しばらくは流れに身を委ねてみようという気持ちになっていました。麻智と出会ったのはその頃、2008年の夏です。きっかけは、共通の友達からの紹介。当時の私は日本語をほとんど話せず、アメリカ留学経験のある麻智と英語で会話ができることがうれしかったですね。

当時、私は別の女性と付き合っていたので、すぐに麻智を恋愛対象とは思わなかったのですが、友達グループで何度か会ううちに、だんだんと麻智に惹かれていきました。なんでも話しやすくて、一緒にいて楽しくて、自然に「また会いたい」と思える人。「恋心ってこういうものなんだ」と。私にとって麻智は本当の意味での“初恋の人”です。

—— なぜ「この人」と結婚しようと思ったのですか?

坂田麻智さんとテレサ・スティーガーさん

撮影:千倉志野

無理をせずに、ありのままの自分でいられるから。お互いに、今感じていることを素直に伝えられる。「こんなこと言ったら、不機嫌になってしまうかな……」と心配せずに、本音を話せるパートナーは麻智が初めてでした。

2009年から一緒に暮らし始めて、2015年に全米で同性婚できるようになったタイミングで結婚式を挙げました。交際が始まって7年が経っていました。もしも同性愛者がいつでも結婚できる社会だったら、挙式はもっと早かったかもしれないですね。「アメリカで夫婦として認めてもらう」というオプションができたから、「だったら、するよね」と合意するのが自然で、明確なプロポーズや決意があった訳ではありません。

むしろ私にとって転機だったのは、2010年に「麻智と一緒に、日本でずっと暮らしていこう」と覚悟を決めたこと。それまで中途半端だった日本語をマスターするために、英会話講師の仕事をフルタイムからアルバイトに切り替え、日本語学校に9カ月間、みっちりと通いました。このときから、私にとって麻智は“生涯のパートナー”なのだと思っていました。

裁判でも日本語で話せたのは麻智のおかげ

坂田麻智さんとテレサ・スティーガーさん

撮影:千倉志野

—— お互いの自己実現を支援するために、大切にしてきたことは?

裁判などを通じて日本でも同性婚ができる社会に変えていくことが、私たちが共通して向き合い、支え合っている活動です。

当事者として表に出ていくことについては、二人で話し合って決めたのですが、お互いにポジティブな意見だったので方針が決まるのは早かったです。いろいろな事情でカミングアウトできない同性愛者はたくさんいるけれど、私たちはたまたま周りの人たちに恵まれて公表できる立場にある。ならばこのポジションで二人ができることをやっていこうと。「同じ方向を見ている」とお互いに実感できることで、私たちの結束は強くなったと思うし、それを確かめ合うための会話を日頃から大切にしています。

何を大切に考えているかを理解し、どちらかがくじけそうになったらサポートし合うような会話です。この活動以外でも、例えば仕事でしんどいことがあったときに支えてくれる人がいると思えるだけで、すごく心強いんですよね。期待をかけ過ぎずに、そのときにできるサポートをする。小さな支え合いが日常からできていたら、それが信頼のベースになりますよね。ベースがしっかりしていれば、二人とも同時に倒れそうになったときでも乗り越えられると思います。

—— パートナーから言われて、一番うれしかった言葉は?

麻智は、普段から私のことをよく褒めてくれるんです。日本語の勉強を頑張っているときも、「すごいね、テレサ! よくできたね!」と褒めてくれたり、練習相手になってくれたり。その応援のおかげで、同性婚についての自分の考えを日本語で説明できるくらいに上達しました。

大阪地裁での公判の後に弁護士や関係する皆さんと意見交換する場でも、私の意見を日本語で伝えられたのは嬉しかったです。LGBT法案が自民党内で却下されたという報道があったばかりの時期で、その件に関する感想も、私の言葉で表現できた。そのことを麻智もすごく喜んでくれて。アメリカで育って日本で暮らす当事者として、自分の意見を日本語で説明できる人はすごく限られると思うから、これからも頑張って発信していきたいです。

自分ひとりでも立てることが大事

テレサ・スティーガーさん

撮影:千倉志野

—— 日頃の家事や育児の分担ルールは?

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み