無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


メルカリShopsとは「付加価値が全く違う」── BASE鶴岡CEOが考える長所とは?

アイコン

BASEは決算説明会を実施。以前は出資元であったメルカリのEC新機能についての質問が相次いた。

撮影:小林優多郎

ECプラットフォームや決済サービスを提供するBASEは8月5日、2021年度第2四半期決算を発表した。

第2四半期までの累計の売上高は46億8400万円と、前年同期比で27%増と伸びてはいるが、TVCMなどの販管費がかさんだ影響で、純損益は2億4600万円の赤字となっている。

BASEは、パンデミック下の巣ごもり需要などで、新規販売店および購入者の増加し、ECプラットフォームのBASE事業、オンライン決済サービスの「PAY.JP」事業のいずれも好調だ。

比較表

BASEによると、同社の出店者の9割以上は4人以下の事業者。(クリックで拡大画像に遷移します)

作成:Business Insider Japan

一方でそんな市場の動きに合わせるように、国内外のさまざまな企業がECプラットフォーム事業に参入している。直近では、7月28日にフリマ大手のメルカリの完全子会社・ソウゾウがメルカリ内にネットショップを持てる「メルカリShops」の提供を始めた

メルカリは2016年1月にBASEに4.5億円の出資をした間柄である(メルカリが所有していたBASE株は2020年7月に売却済み)。今回の決算説明会での機関投資家からの質疑では、自然とBASE上級執行役員CEOの鶴岡裕太氏の「メルカリShops」への受け止めに話題が集中した。

メルカリShopsとBASEは「長所としているところが違う」

鶴岡裕太氏

BASE上級執行役員CEOの鶴岡裕太氏。

出典:BASE

まずメルカリShops開始の受け止めを聞かれた鶴岡氏は「そもそも長所としているところが違う」と指摘する。

鶴岡氏はメルカリShopsの具体的な機能や特徴への言及は避けたが、BASEの強みは「特定のプラットフォームに左右されることなく、ネットで多様的に生きていく中で使ってもらえるプロダクト」としている。

メルカリShops

メルカリアプリ内に自分のECサイトを開ける「メルカリShops」。

撮影:小林優多郎

メルカリShopsの最大の特徴は、月間1900万人の利用者がいるメルカリというプラットフォームの上で店を開ける点だ。値下げ交渉ができないなどの違いはあるが、ユーザーにとっては普段フリマを使うのと同じ感覚で、商品を購入できる。

一方で、BASEはより広いニーズに対応する。BASEはいわゆるコンピューターにおけるOSのような存在で、加盟店は自由に店の外観を設定したり、有償無償が混在するAppsでさまざまな機能を追加できる。

直近では、商品をInstagramの広告として配信する機能やGoogleのショッピングタブに表示させる外部サービスとの連携機能にも力を入れている。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み