無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ローカルに熱狂せよ、岩手の辺境から始まる“障害者×アートビジネス”の挑戦

松田崇弥さん

ヘラルボニー社長の松田崇弥さん。

これからの消費は、「ミニマル」「デジタル」「ローカル」「オネスト」になる——。

そう話すファッションエディターの軍地彩弓さんが、4つのキーワードの体現者に会いに行く対談シリーズ。

前編では、障害のあるアーティストの作品を事業化するヘラルボニー社長の松田崇弥さんに、起業の経緯と実現したい世界を聞きました。後編では、そのビジネスモデルとこれからについて迫ります。

松田崇弥さんを知る5つのキーフレーズ

1. ホテル泊で、作家に収益が入る“新しい仕組み”

ヘラルボニーの商品

ヘラルボニーのアップサイクルアートトートバッグ(税込2万7500円)。

軍地彩弓(以下、軍地):ヘラルボニーは設立3年目とのことですが、現在、どのような収益モデルになっているのでしょうか。あらためて、全体像を教えてください。

松田崇弥(以下、松田):大きくは「ファッション」「インテリア」、そして「アートライセンス」の3つの領域があります。

「ファッション」は、店舗展開を含む自社ブランド事業。3つの中では唯一のto Cですね。ただ、この領域で売り上げを増やしていくつもりはあまりないんです。世界観が徹底されている「ショールームとしての店舗」を全国で数店舗つくり、ブランディングの場所とする。それをベースに、to Bが育っていく流れをつくりたいと思っています。

「インテリア」は、ホテルのプロデュースです。

軍地:ホテル?

松田:はい。直近だと、 来年度に開業を予定している岩手県盛岡市のホテルプロデュースを控えています。コンセプトルームとして一部客室のスツールやクッションなどのファブリックデザインに、ヘラルボニーと契約している岩手県出身の作家さんが描いたアートを使用する予定です。

これで、お客様が宿泊するごとに規定のパーセンテージが作家さんにも支払われる、新しい仕組みをつくれたらなと。今後、この領域には力を入れていきたいですね。

そして、「アートライセンス」。先ほどお話ししたとおり、作品データを販売して、食品のパッケージデザインやアパレル、オフィス内装などに使っていただいています。最近は、企業ノベルティの事例も増えていますね。

2. 「工事現場にアート」売り上げの主軸は街づくり

軍地:オフィスでいうと、どのような企業が導入しているんですか?

松田:はじめに導入していただいたのがパナソニックでした。前例もなかったのにガツンと入れてくださって……本当にありがたかったです。

ライセンス事業 パナソニックのオフィス

ヘラルボニーのアート作品がはじめて導入された、パナソニック(東京・汐留浜離宮)6階・オフィスエリア「Ideation Lounge」の壁面・クッション。

提供:ヘラルボニー

軍地:それは、松田さんたちが営業したんですか?

松田:いえ、若手起業家のピッチコンテストに出たのがきっかけです。僕たちのプレゼンをたまたま聴いていた担当の方が、声をかけてくださって。おかげさまですばらしい導入事例となりましたし、僕たち自身も「このビジネスでいける」と自信を持てました。

軍地:そういう出会いは大切ですよね。アートライセンス事業の中では、どの分野の売り上げが大きいんですか?

松田:ゼネコンがクライアントの、街づくりですね。工事現場のまわりをぐるりと囲む「仮囲い」とか。

高輪ゲートウェイ駅の仮囲い

ヘラルボニーは、建設・住宅を守る仮囲いを、新発見ができるミュージアムと捉え直して「全日本仮囲いアートプロジェクト」を企画。写真は2020年7月、JR高輪ゲートウェイ駅の開業に合わせてアーティストが制作した作品を仮囲いに並んで表示。

提供:ヘラルボニー

軍地:工事現場にアート! 街が華やかになりますね。

松田:ええ。共同創業者である双子の文登はゼネコン出身なんですが、「ここにチャンスがある」とずっと言っていて。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み