無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


脱プラスチックの「誤解と課題」…プラ依存社会は変われるか

プラスチック

世界では毎日のように大量のプラスチックがごみとして捨てられている。

Andrew Fox/Getty Images

世界で生産されているプラスチック量は、年間で約4億トン。このうち日本で生産されているのは約1000万トンだ(プラスチック基礎知識2021より)。

プラスチックが大量生産・大量消費されていく中で、大きく2つの課題が表面化してきた。

プラスチックの原料として「石油」を大量に消費し、焼却処分をすると二酸化炭素が排出され地球温暖化を助長してしまうという点。そして、廃棄されたプラスチックが海洋マイクロプラスチックなどとなって環境を汚染しているという点だ。

SDGsの取り組みへの注目も相まって、ここ最近「脱プラスチック」に向けたさまざまな取り組みが進められている。

「『脱プラ』を掛け声に、使用量を減らしていこうということならもちろん賛成です。ただ、『脱プラ』という言葉通りのこと(プラスチックをゼロにすること)が達成できると思っているのだとすると、それは現実的ではないでしょう

こう指摘するのは、循環経済(サーキュラー・エコノミー)の研究者、叡啓大学の石川雅紀特任教授(神戸大学名誉教授)だ。「脱プラ」の果てに、どんな社会が訪れるのか?

「脱プラ」は「ゼロプラ」ではない

マイバック

レジ袋ではなく、マイバックを持って買い物に出かける人を見かけることが増えた。

Yagi Studio/Getty Images

脱プラの取り組みは、多かれ少なかれ私たちのライフスタイルに変更を迫るものだ。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

Popular