無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「いいものをより安く」から脱却せよ、ホテルニューアカオ新会長の見据えるコロナ後の観光

中野善壽氏

創業1954年の熱海の老舗リゾートホテル「ホテルニューアカオ」の代表取締役会長に中野善壽(76)氏が就任することが明らかになった。

撮影:鈴木愛子

熱海を代表する老舗リゾートホテルとして知られるホテルニューアカオ(静岡県熱海市)の代表取締役会長に、2021年8月11日、寺田倉庫で天王洲のブランディングを軸に経営改革を主導したことで知られ、3月からホテルニューアカオ取締役議長を務めていた中野善壽(76)氏が就任することが明らかになった。

創業家3代目の現社長・赤尾宣長氏は現職を続けたまま、中野氏をトップに据え、経営再建を加速させる狙いだ。

経営再建のプロ、熱海へ

中野氏が経営再建を任されるのはこれが初めてではない。

2010年から2019年まで社長職を務めた寺田倉庫では、アート保管事業など、不動産の収益性を高める経営改革を行い、天王洲全体のブランディングに貢献した。さらにその前には、台湾の財閥系グループ・力覇集団で新たに百貨店事業を開発・牽引した経験も持つ。

その実績に期待を寄せたホテルニューアカオの赤尾社長から請われる形で、同社取締役議長に就任したのが2021年3月のこと。熱海に通うにつれ、中野氏が描く再建ビジョンは急速に明確になり、「改革を早めるための代表就任」へと踏み切った。

ホテルニューアカオが最も盛えた時期は、昭和の高度経済成長期に重なる。他の観光ホテルの多くもそうであったように、社員旅行や新婚旅行の受け皿となり、「旅行代理店を介して、団体客で稼ぐビジネスモデル」で発展を遂げた。しかし、時代は変わり、需要は減少。コロナ禍のダメージも追い討ちとなり、2020年12月期の負債額は、107億円まで膨らんでいた。

再建に向けた中野氏のビジョンは驚くべきものだ。

「一言で表現するならば、“ホテルにこだわらない”ということですよ」

ホテルがホテルにこだわらないとは、一体どういうことなのか。

筆者が熱海を訪れた6月初め、中野氏は断崖にそびえ立つホテルならではの景勝の魅力を熱っぽく語りながら、その意図を明らかにした。

熱海は数年後、アジアのモナコになる

熱海

着想の手法はいつも、「その場所に立って、土地の声に耳を澄ませること」にこだわるという。

撮影:鈴木愛子

「見てください。岸壁を境に向かい合う、山の緑と海の青の迫力。水平線に浮かぶ島の影、岩肌にかかる波しぶきと陸地から吹き抜ける風。この一帯、約70万平米という広大な土地がホテルニューアカオの資産です。日本各地どこを探しても、これほど力のある土地は2つとない。しかも品川から新幹線で38分というアクセスのよさ。数年後、ここは“アジアのモナコ”になりますよ」

中野氏は、ホテルという業態にとらわれず、ホテルニューアカオが持つ資産そのものの価値を“透明な感性”で見極めようとしていた。着想の手法はいつも、「その場所に立って、土地の声に耳を澄ませること」にこだわる。

中野善壽氏

「適正や能力に見合った仕事を任せれば、パフォーマンスもあがるし、今の倍の給料を払える自信がある」と語る中野氏。

撮影:鈴木愛子

駐車場として使われてきた平地を指差しながら、中野氏は続けた。「あの平地に面した国道は年間300万台も車が通行するんですよ。活かしようはいくらでもある。人も同じ。適正や能力に見合った仕事を任せれば、パフォーマンスもあがるし、今の倍の給料を払える自信がある」。

コロナ禍前と比較するとホテルの客室は稼働率も28%にまで低迷している。

従来のホテル事業を縮小し、土地の魅力を生かした滞在型宿泊施設(ヴィラ)を数十棟、新たに建設し、国内外の富裕層を呼び込む。敷地内の飲食機能を強化し、早朝や夕方などの稼働を増やす一方で、生産性が極めて低い施設は売却し、単価を上げていく——。

詳細はこれから詰める段階だが、そんなメリハリを利かせたプランを中野氏は準備中だという。

昭和型「いいものをより安く」からの脱却

210607_0263

「その土地が持つポテンシャルを最大化する見せ方は何か?」に、中野氏はまっすぐに向き合う。

撮影:鈴木愛子

改革の一例として、ホテルに隣接するバラ園「アカオハーブ&ローズガーデン」を見てみよう。

従来はコスパのいい観光スポットとして人気を集めていたが、中野氏はサービス内容を見直し、客単価を上げる方向へと舵を切る計画だ。

ガーデンの裏手にある山の敷地も含め、2万歩以上かけて中野氏は自分の足で歩き、この土地の本来の力を嗅ぎ取ったという。

寺田倉庫が所有する天王洲エリアのリバイバル計画を牽引したときも、中野氏は自身の“感性”に忠実に、現代アートを呼び込んだ。「その土地が持つポテンシャルを最大化する見せ方は何か?」と、中野氏はまっすぐに向き合う。

だから、ホテルなのに「ホテルにこだわらない」と発想することに躊躇がないのだ。団体客を前提としたホテル事業は、昭和の時代に最適化していた一つの選択肢でしかない。

「昭和の『いいものを、より安く』から、日本人は早く脱却しないといけない。世界で稼げる国になるには、『よりいいものを、高く』のモデルへと転換する必要がある」

価格に見合ったお金を払う良客を世界から呼び込むことが、経営の安定、そして熱海の地域全体を潤すサステナブル経済につながる。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み