無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


テック大手による未成年のプライバシー保護…グーグルは検索結果から写真削除も検討

Google CEO Sundar Pichai.

グーグルのCEO、サンダー・ピチャイ。

Carsten Koall/Getty Images

  • グーグルは、ティーンエイジャーを対象とした年齢や性別に基づく広告ターゲティングをブロックすると発表した。
  • また、要請があれば、検索結果から未成年者の写真を削除するとしている。
  • 今回の決定は、グーグルやインスタグラムなどの企業が、若年層ユーザーの保護を強化するように圧力を受けている中で行われた。

グーグル(Google)は、サービスを利用する未成年者のために、プライバシーを保護する安全措置を追加する。

同社は2021年8月10日のブログで、「18歳未満の人々の年齢、性別、興味に基づいた」広告ターゲティングのブロックを開始することを発表した。このブロックはYouTubeを含む同社の全プラットフォームで有効となる。

またグーグルは、18歳未満のユーザーが自分の写真をグーグルの検索結果から削除するよう求めることを可能にすると発表した。未成年者の写真を削除してもインターネット上から消えるわけではないが「若いユーザーがオンライン上の自分の画像をよりコントロールできるようにする」とグーグルは述べている。

その他の変更点としては、13歳から17歳のユーザーのアカウントのアップロード設定は、デフォルトで非公開になるが、希望すれば公開に変更することができる。また、若いユーザーがYouTubeを使用する際には、休憩を取るように注意を促すリマインダー機能を追加し、自動再生機能をオフにする予定だ。

同社によると、これらのアップデートは、今後数カ月以内に実施されるだという。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular