無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


大西洋の循環に停滞の兆し…映画『デイ・アフター・トゥモロー』は現実になるのか

『デイ・アフター・トゥモロー』の一場面。

『デイ・アフター・トゥモロー』の一場面。

20th Century Fox

  • 2004年公開の映画『デイ・アフター・トゥモロー』では、大西洋の海流が突然停止したことをきっかけに氷河期が発生するというストーリーが描かれた。
  • ヨーロッパが比較的高緯度に位置しながら温暖な気候に恵まれているのは、大西洋の海流によるものだが、その海洋の深層循環が弱まっている可能性がある。
  • このまま深層循環が弱まると、西アフリカでは干ばつが、ヨーロッパと北アメリカでは寒冷化が進むおそれがある。

2004年の映画『デイ・アフター・トゥモロー(The Day After Tomorrow)』では、デニス・クエイド(Dennis Quaid)演じる気象学者が世界の首脳に対して、急激な気候変動が起きる危険性を警告する。

劇中でこの変動を引き起こす主要な要素とされていたのが、大西洋南北熱塩循環(Atlantic Meridional Overturning Circulation:AMOC)と呼ばれる海流の循環システムだ。これは、赤道付近の温まった海水をヨーロッパや北大西洋に運ぶ役割を担っている。ヨーロッパ西部の穏やかで温暖な気候は、この海流による暖かい海水の流入によってもたらされている。

映画では、AMOCが完全にストップしたことで、ほぼ一夜にして氷河期が始まる。この寒冷化のスピードや気温低下の激しさはかなり誇張されているものの、AMOCは実在するものであり、気候変動の結果として実際にその循環が停滞し始めている可能性があることが、研究によって判明している。

ドイツのポツダム気候影響研究所に所属する気象学者ニクラス・ボアス(Niklas Boers)は、8月5日付で発表した論文の中で、AMOCが重要な転換点にさしかかっていると結論づけている。

ボアスはInsiderに対して、北極周辺の氷が融解した結果、限界を超える量の真水が大西洋に流れ込むと、AMOCが今後「突如として停滞」し、不安定化する可能性があると語っている。

同様に、国連の「気候変動に関する政府間パネル(Intergovernmental Panel on Climate Change:IPCC)」が発表した気候に関する報告書も、AMOCが今世紀末までに停滞する可能性が非常に高いと指摘している。

ボアスによれば、AMOCの停滞は、欧州での気温の低下を引き起こし、さらに「北に行くほど気温低下は激しくなる」という。

一方、アメリカ東海岸では、AMOCの停滞で海面が上昇するとみられている。また、アフリカの中部および西部の一部地域は、現在はAMOCの海流による恩恵を受けているため、これが弱まると恒常的な干ばつ状態に陥ると考えられる。

「オン」と「オフ」を繰り返してきた大西洋の海流

大西洋南北熱塩循環(AMOC)は、熱帯の温かい海水を北大西洋に運び(赤の帯)、北方にたどり着いた海水が冷やされて沈み、南へと戻っていく(青の帯)。

大西洋南北熱塩循環(AMOC)は、熱帯の温かい海水を北大西洋に運び(赤の帯)、北方にたどり着いた海水が冷やされて沈み、南へと戻っていく(青の帯)。

NASA/JPL

AMOCの循環速度が十分であれば、西ヨーロッパは、その恩恵を得て温暖で湿潤な気候を享受できる。科学者はこの循環をコンベアベルトにたとえている。温かい海水はイギリス周辺の海域に到達すると、冷やされてラブラドル海およびノルディック海(グリーンランド海、アイスランド海、ノルウェー海の総称)の底に沈む。この冷えた海水はUターンを始め、海底を蛇行して南下して、南極海に至る。

だが、この海水の循環が停滞して弱まると、熱帯の温かい海水が北上しなくなるため、北大西洋の海水は冷たいままになる。

AMOCの循環速度は、塩分を含む海水と真水の微妙なバランスによって決まる。塩分を含む水は密度が大きいため、沈みやすい。しかし現在、グリーンランドの氷床や氷河が継続的に融解しているので「塩分を含む表層の海水」に混ざる真水の量が増え続けている。その結果、この海域の海水は塩分濃度が下がって軽くなり、沈みにくくなる。これが、AMOCの循環を滞らせる原因だ。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み