無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


史上初、アメリカで白人の人口が減った —— 2020年国勢調査

人

2021年5月4日、ニューヨーク。

Spencer Platt/Getty Images

  • 最新の国勢調査のデータによると、アメリカではヒスパニックではない白人の人口が初めて減少した。
  • この10年で白人の人口は8.6%減った一方で、黒人の人口は5.6%増えた。
  • アジア系の人口も35.5%増えた。

8月12日に公表された国勢調査のデータによると、アメリカでは史上初めて白人の人口が減少した。

国勢調査は1790年に始まった。

最新のデータによると、2010年に2億2360万人だった白人の人口は2020年には2億430万人と、8.6%減少した。ただ、全人口に占める割合が一番多いのが白人グループであることは変わらない。高齢化や少子化も減少に影響した。

次のチャートは、2010年から2020年にかけての人種別の人口の変化をまとめたものだ:

統計

白人以外のそれぞれの人種グループの人口はこの10年で増加している。例えば、黒人の人口は5.6%、マルチレイシャル(複数の人種の血を引く人たち)は276%増加した。これらのデータはアメリカがより"多様な国家"へと向かい続けていることを示している。

[原文:America's white population fell for the first time in US history, 2020 Census data shows

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み