無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


父の事業失敗で借金10億円。レール外れて選んだ起業人生【oVice ジョン・セーヒョン2】

oVice ジョン・セーヒョン

撮影:伊藤圭

日本国内で1200社以上の企業が仮想オフィスとして利用している「oVice」。創業者でCEOのジョン・セーヒョン(29)は1991年、グリーンベルトと呼ばれるソウル郊外の開発制限区域で生まれた。建設業を営む父は、好況下の大規模開発事業で忙しく、あまり家に帰って来なかった。母も仕事をしており、ジョンは学校から帰宅すると、誰もいない自宅を出て近くの山や川で遊ぶ日々を送っていた。

自然児だったジョンが“文明”と出合ったのは、ソウル市内に引っ越した中学生の時だ。

「パソコンという素晴らしい文明を知り、オンラインゲームにはまり込んだ。学校が終わったら寝るまでゲームをしていた」

頭を痛めた両親は、ジョンに海外留学を持ちかけた。母はゲームの問題だけでなく、「韓国の教育システムに合わないのでは」と思っていたようだった。

韓国は受験戦争がし烈で、小学生の頃から夜遅くまで塾に通う生活が一般化している。だがジョンはゲームに没頭し、それ以外の時間もジャグリングやスポーツなど、自分の興味のままに動いていた。

両親は当初、親戚が住むカナダへの留学を勧めていたが、ジョンが関心を示さないとオーストラリアを提案し、同意を取り付けた。

そうして中学3年の夏休み、ジョンはシドニーに渡り、語学学校での勉強を経て現地の私立中学に転入した。

半年で日本語の日常会話を習得

オーストラリア

高校時代のジョンは、当初あまり真面目な方ではなかったという。

提供:oVice

ジョンのオーストラリア生活は3年ほどだったが、ターニングポイントをいくつも経験している。

高校に進学して少し経ったころ、クラスに日本人が転入してきた。聞けば両親の駐在についてきたそうで、英語は得意ではなかった。

「英語が全然しゃべれないから、『じゃあ俺が日本語を覚えた方が早いね』ってなって、教室でも登下校のバスでも『宿題やった?』とか、友達の言っていることを真似しているうちに、半年ほどで日本語の日常会話が分かるようになった」

留学先のカリキュラムには日本語の授業もあり、ある程度話せるようになった後は読み書きも勉強し始めた。

ジョンは子ども時代、ドラえもんの漫画が好きで、将来はドラえもんのようなロボットを作りたいと考えていた。

ドラえもん、友達との会話をきっかけに、遊びの延長で身に着けたジョンの日本語は「流暢」の域を超え「自在」だ。その自在さが、彼のキャリアを方向づけてもいった。

口座の残高に起きた「異変」

オーストラリア2

高校は学費が年に1000万円かかるような「金持ち学校」だったという。

提供:oVice

ジョンが通っていたのは富裕層の子女向けの高校で、生徒の大半は留学生だった。その高校を、卒業まであと数カ月というところで辞めた。それはジョンにとって今に至るまで最大の事件であり、自立への一歩でもあった。

留学当初、飛行機はファーストクラス、ホテルはスイートルーム、そして生活費の口座には常に数千万円が入っていた。ジョンは「学費が年に1000万円かかるような高校だったし、自分も周囲もぼんぼんばかりだった」と回想する。

だが高校2年生になると、口座の残高が目に見えて減っていった。何かがおかしいと気づいたジョンは、母や父の仕事関係者に家庭の事情を聞いた。

時は2009年。ジョンの父は派手な開発プロジェクトをいくつも手掛けていた。オーストラリアでロケット発射台を建設する構想にも関わっていた。そこにリーマン・ショックが世界を直撃し、韓国経済も例外なく巻き込まれた。建設・不動産業界は総崩れで、父のビジネスは瞬く間に行き詰まった。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み