無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「10億稼ぐなら1億投資」リスク取るなら今。バーチャルオフィス定着できるか【oVice ジョン・セーヒョン4】

oVice ジョン・セーヒョン

撮影:伊藤圭

コロナ禍で飲食店の厳しさは繰り返し報じられている。都心の大規模なスペースで企業パーティーやウェディングを手掛ける銀座クルーズも、大人数会食自粛の直撃を受け、2020年からデリバリーやテイクアウトも手掛けるようになった。

銀座クルーズはこの夏、「oVice」と連携して、オンライン上にレストランを再現する「バーチャル空間レストラン」を始動した。2021年7月16日夜には「oVice」のユーザー企業約50社を招いてバーチャル宴会を実施し、シェフやソムリエが料理とワインの準備、当日の「サービス」を担当した。バーチャルの会場をソムリエのアバターが巡回してワインや料理の説明をする。参加者はテーブルから手を挙げて、スタッフを呼ぶこともできる。

約170人が参加したこのバーチャル宴会にはどんな料理が適しているのか、レストランのシェフとジョン・セーヒョン(29)は何度も話し合ったという。

3段ボックスの蓋を開けると、目に飛び込んでくるのは瓶詰のキャビア。ジョンは、「誰もが高級食材と知っているキャビアを入れることで、会話が盛り上がればいいと思った」と話した。

バーチャル宴会

実際に提供されたメニュー。彩りが美しく、味ももちろん一級品だ。参加者同士で「これ美味しい!」と会話にも花が咲く。

提供:oVice

銀座クルーズの諸星純一シェフは、「レストランではできたての料理を出すが、今回はクール便で宴会の前日に配送し、自宅の冷蔵庫で保管したり、レンジで温めて食べてもらったりするので、作って数日後に一番いい状態にしなければいけない。勝手が違う部分はありました」と明かした。

ワクチンの接種は進んでいるが、新型コロナウイルスの感染が収まる気配は見えない。今年の忘年会も「自粛」を求められる可能性は高い。ジョンは飲食業界支援に加え、コミュニケーションのために、食事やアルコールをセットにした「バーチャル忘年会」を企業に提案していきたいという。

定着させるためのラストスパート

ダイヤモンド・プリンセス号

クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」を皮切りに始まった日本のコロナ禍だが、未だに終息の時期は見えない。

REUTERS/Issei Kato

2020年1月に新型コロナウイルスの存在が認知されたとき、これほど長期化すると予想できた人はほとんどいないだろう。ジョンもそうだ。

2020年3月に自分の仕事の円滑化のためにoViceのプロトタイプを作ったが、チュニジアから帰国し、事業展開のための資金を調達した6月には感染が一服。テレワークが下火になった代わりにオンラインイベントが激増していた。

その頃はイベント利用を想定して営業していたが、感染が再燃した秋以降は企業の仮想オフィスとしての利用が中心になった。2021年7月末時点で企業・団体での契約数は1200を超えた。

ジョンは、oViceがリアルの交流の場全てを代替する場所になることを目指している。

コロナ禍は長引いているとは言っても、いつかは収束する。だから今は、世の中にテレワークやオンライン飲み会などを定着させ、そこにoViceが入り込むための「ラストスパート」だと考えている。

2021年7月に開催したバーチャル宴会の料理代は1人3万円、ジョンはためらうことなく参加者170人分をoViceで負担した。8月には春先に調達した資金の大部分を使ってテレビCMを始めた。どちらも株主に心配されたが、ジョンは「リスクを取るべきタイミングだから」と意に介さない。

「さすがに来年にはコロナは収束するだろう。そうなれば、テレワークもoViceもやめようという企業も出てくる。流れを止めないためには、使ってくれている社員にファンになってもらうのが大事。仕事のツールにとどまらず、忘年会にも遊びにも使え、楽しさを生む場だと感じてもらえば、コロナが終わってもoViceは生き残れる」

グローバルNo.1企業との戦い方

oVice ジョン・セーヒョン

撮影:伊藤圭

ジョンの目標は「oViceが生き残る」以上のところにある。「バーチャル空間」「仮想オフィス」は以前からあった市場だ。コロナ禍をきっかけに急成長を始め、今はスタートアップと大手が入り乱れてパイを取り合っている。

日本では9割のシェアを占め、グローバルではほぼ同時期に立ち上がったアメリカのGatherに次ぐ2位につける。引き離されないため、oViceはGatherが入るマーケットにぴったりとついていく戦術を取る。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

新着記事

インサイド・チャイナ

恒大危機は融創、碧桂園に波及か。「持たざる天才」の戦いが生んだ中国不動産バブルの全容

  • 浦上 早苗 [経済ジャーナリスト/法政大学IM研究科兼任教員]
  • Sep. 28, 2021, 07:00 AM

有料会員限定

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み