無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「iPhoneの中をスキャンするわけではない」児童保護機能でアップル幹部が弁明

「iPhone内の画像スキャン」は誤解されている

マンハッタンにあるアップルストア。

Mike Segar/Reuters

  • アップルの児童保護のための新機能は誤解されていると、同社幹部がウォール・ストリート・ジャーナルに語った。
  • 同社は2021年8月上旬、iPhoneとiCloudの画像をスキャンする2つの機能を発表した。
  • 「これは、決してバックドアの類ではない」と、ソフトウェアエンジニアリング担当役員のクレイグ・フェデリギは述べた。

アップルのソフトウェアエンジニアリング担当シニア・バイス・プレジデント、クレイグ・フェデリギ(Craig Federighi)は、iPhoneユーザーの画像をスキャンして児童性的虐待の画像を検出するという同社の計画は「大きく誤解されている」と語った。

「我々が行っていることは正しいと考えているが、大きく誤解されているとわかったので、もう少し明確にしたほうがいいだろう」と、2021年8月13日に公開されたウォール・ストリート・ジャーナルのビデオインタビューで、フェデリギは語った。

アップルは2021年8月上旬、iPhoneからICloudに画像をアップロードする際、「ハッシュ」と呼ばれる数値コードに変換する機能について発表した。このハッシュは、児童虐待防止団体が保有する性的虐待に関する資料のデータベースと照合される。

「iCloudフォトライブラリに画像を保存する前に、その画像が児童性的虐待コンテンツ(CSAM)のハッシュと合致するか、デバイス上で処理が行われる」とアップルは述べている

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み