南太平洋に沈む「第8の大陸」…これまでの知見より2倍古い、10億年前のものだった

灰色の線で囲まれた範囲がジーランディアを示す。

灰色の線で囲まれた範囲がジーランディアを示す。

World Data Center for Geophysics & Marine Geology / National Geophysical Data Center, NOAA

  • ニュージーランドを取り囲む太平洋の下には、ジーランディアと呼ばれる「8番目の大陸」が隠れている。
  • ジーランディアの94%は海底に沈んでいるため、この大陸の年代を判別したり、地形図を作成したりすることは困難だ。
  • 新たな研究によると、ジーランディアは10億年前に形成された。これは地質学者が以前考えていたよりも約2倍古いという。

南太平洋の深さ約1000メートルの海底に、オーストラリアの約半分の面積に相当する広さ500万平方キロメートルの地殻がある。

しかし、ジーランディアと呼ばれるこの海底に沈んだ土地が大陸であるかどうかは、科学者たちの間でも意見が分かれている。2017年に地質学者チームが大陸であると宣言したが、すべての研究者が納得したわけではなかった。

「山や国、惑星といったものと違い、大陸であるかどうか承認する正式な機関は存在しない」と、2017年に地質学者チームを率いたニュージーランドの研究機関GNSサイエンスの地質学者、ニック・モーティマー(Nick Mortimer)がInsiderに語っている。

大陸の定義についてはまだ議論されているところだがが、モーティマーのチームは、明確な境界線を持ち、100万平方キロメートル以上の面積があり、大陸地殻が周囲の海洋地殻よりも厚く、高い位置にあることを提案している。

ジーランディアは、これらの条件をすべて満たしている。

「もし海の水を抜いたとしたら、ジーランディアは海底から高く盛り上がった台地に見えるだろう」とモーティマーは言う。

彼はジーランディアのことを「最も薄く、最も沈んでいる、最も小さい大陸」だと考えている。

しかし問題は、他の大陸には10億年以上前の地殻が存在するのに対して、ジーランディアで採取された最古の地殻や岩石は5億年前のものでしかないと、つい最近まで考えられていたことだった。しかし、2021年5月12日に公開された研究論文によると、ジーランディアの一部が、これまで地質学者が考えていたよりも2倍も古いことが判明し、モーティマーの主張を後押しすることになった。

「今回の研究により、最後のチェック項目が満たされた」と、ニュージーランドの地質学者であり、論文の筆頭著者であるローズ・ターンブル(Rose Turnbull)はプレスリリースで述べている。「我々が大陸の上にいることに、もはや疑いの余地はない」

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み