無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


1年間の"火星生活"を地上で試す! NASAが準備中の「マーズ・デューン・アルファ」をのぞいてみた

イメージ

完成イメージ。

ICON

  • アメリカ航空宇宙局(NASA)は8月上旬、火星での生活を想定した1年間に及ぶ実験に参加してくれるボランティアを募集すると発表した
  • この実験でボランティアが生活する施設は、Iconというテキサス州のテクノロジー企業が3Dプリンターを使って建てているものだ。
  • Iconは建築事務所ビャルケ・インゲルス・グループ(BIG)と共同で製作している。

NASAでは現在、火星に住んでいるかのように1年間を過ごしてくれるボランティアを募集している。

火星

火星イメージ。

NASA/JPL

NASAでは火星探査ミッションのシミュレーションに参加してくれる4人のボランティアを採用する予定だ。ボランティアには報酬が支払われる。


実験施設「マーズ・デューン・アルファ(Mars Dune Alpha)」は、Iconと建築事務所ビャルケ・インゲルス・グループ(BIG)との共同製作だ。

マーズ・デューン・アルファ

製作中のマーズ・デューン・アルファ。

ICON

Iconは、それぞれのユニットを組み合わせることなく、現地でシームレスに建造物を作る企業だ。

同社の3Dプリンター「Vulcan」は、火星の環境を模倣するために何層ものセメントを大量に使用する。この施設は未来のミッションのために、クルーの健康とパフォーマンスに必要な情報を提供し、それらをサポートするものだ。

3Dプリンターで建てた家は人気が高まっている。これらの家はすぐに建てることができ、場合によっては1軒の家を数時間で"プリント"することも可能だ。

2019年には、Iconはサンフランシスコの非営利組織New Storyと提携し、広さ350平方フィート(約33平方メートル)の極小住宅をわずか48時間で完成させた。


完成したマーズ・デューン・アルファには、それぞれのクルー用にカスタマイズ可能な部屋も用意される。

作業風景

ICON

「宇宙へ進出するという人類の夢に役立つ、できる限り信頼できる類似物を開発したかったんです」とIconの共同創業者でCEOのジェイソン・バラード(Jason Ballard)氏は語った。


広さ1700平方フィート(約158平方メートル)のマーズ・デューン・アルファは、テキサス州ヒューストンのNASAのジョンソン宇宙センターに置かれる。

ジョンソン宇宙センター

ジョンソン宇宙センター。

ICON

ジョンソン宇宙センターは"人類の宇宙飛行活動のハブ"と言われている。ここで行われる地上でのシミュレーションの結果が、NASAの実際の宇宙探査に向けた準備に役立つ。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み