無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


週4日勤務制への移行を成し遂げたCEO「今までの考え方への挑戦だった」

It takes planning to cut down from a full 5-day week.

週休2日制からの脱却には、計画性が必要だ。

Maskot / Getty Images

  • イギリスの法律事務所、アーケンのCEOは、2021年6月に週4日制を導入した。
  • その結果、生産性とウェルビーイングが向上したが、課題もあった。
  • その課題には、5日制の「習性」からの脱却、私語の削減、シビアな計画性などが含まれている。

ハイブリッド・ワークの常態化により、週休4日制や、給与を維持したまま従業員の労働時間を短縮することが望ましいのか、それは現実的なのか、といった議論が再燃している。

デーヴ・ニューイック(Dave Newick)は週休4日制を成し遂げたCEOの一人で、週5日制の考え方を変えることの難しさを語ってくれた。

ニューイックは、イギリスのケントに拠点を置く、デジタル遺言・信託事業を行うアーケン・リーガル(Arken.legal)のCEOだ。

アーケンは2021年6月、9カ月間のトライアルを経て、恒久的な週休4日制への切り替えを発表した。

22人のスタッフ全員が、自分の好きな曜日に1日プラスして休みを取ることができるようになった。ほとんどのスタッフは金曜日に休んでいるが、ローテーションでお互いをカバーし合う必要がある数名は月曜日に休んでいる。

スタッフは週に平均32時間勤務しており、通常の平日は午前9時始業で、午後5時にはオフィスを出るとニューイックはInsiderに語った。

Dave Newick, CEO of Arken.

アーケンのデーヴ・ニューイックCEO。

Arken.legal

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular