無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


早くも美容院のポスターが塗りつぶされる…タリバン占領で変わる首都カブール

タリバンが大統領府を占拠した。

タリバンが大統領府を占拠した。

AP Photo/Zabi Karimi

  • カブールの美容院では女性の写真が塗り潰されている。
  • タリバンは8月15日に首都を占領し、アフガニスタンの支配を強固なものにした。
  • タリバンが最後にアフガニスタンを支配したとき、女性に顔を隠すことを強制し、学校へ行くことを禁止した。

タリバンが街を支配したことで、早速、カブールの美容院の女性の写真が塗り潰されている。

下の写真は、アフガニスタンのニュースチャンネル「ToloNews TV」の責任者であるLotfullah Najafizadaが共有したものだ。

タリバンは2015年8月15日にカブールに進攻し、大統領官邸を掌握した。

これによって、アメリカ軍によってアフガニスタンから追い出されて20年後、タリバンが再び権力を握ることになった。

女性の画像を塗り潰した理由は公式には確認されていないが、タリバンに忖度したのではないかと思われている。

タリバンが最後にアフガニスタンを支配していたとき、彼らは女性が働くことや学校に通うことを禁じていた。女性は顔を隠さなければならず、そうしないと罰せられた。また、親戚の男性と一緒でなければ、家から出ることもできなかった。

現在、アフガニスタンの多くの女性は、タリバンの支配下で自分がどのような扱いを受けるかを恐れ、自由や権利が失われることを恐れているという。また、政治家や活動家として活躍している女性たちも、報復を恐れている

カブールでは、タリバンがやってくると聞き、全身を覆うブルカを買う女性もいた

[原文:Photo shows posters of women at a Kabul beauty salon being painted over as the Taliban seized the city

(翻訳、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

Popular