無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


夏休み親子に悲鳴上げさせる新たな宿題問題、なぜ日本のICT教育は迷走するか

宿題をしながら寝る子ども

今年の夏休みの宿題には、例年のドリルや自由研究に加え、PCを使ったグループワークが追加された。

出典:PAKUTASO

「テレビ消して!もう宿題やる時間でしょ。何回同じこと言わせるの!!」

母の怒鳴り声は全く届かない、小5息子の夏休みも大詰めだ。

コロナ禍の夏で、気軽に外遊びもできずにちょっと気の毒だが、彼には夏休みの宿題という最大ミッションが、まだたっぷり残っている。

私は在宅勤務中のため、日中の不測の事態に備えて毎朝、午前4時起床で始業開始を前倒している。仕事の合間にサポートした読書感想文を、親子で白目になりながらようやく完成させたところだ。

そして2021年、夏休みの宿題には、例年のドリルや自由研究に加え、パソコン(PC)を使ったグループワークが追加された

文科省が主導するICT教育プロジェクト、GIGAスクール構想の元、息子の通う小学校でも1人1台PCが配布されてから約3カ月。

未来をつくる子どもへの投資でもあるICT教育の重要性は理解する一方、突然始まった感も強い。今後子どもたちの学びがどのように変わっていくのか。保護者としては正直、見えづらい点も多く、不安が否めない

コロナ禍で3年前倒しのGIGAスクール構想

文科省が主導するGIGAスクール構想は、「子どもたち一人ひとりに個別最適化され、創造性を育む教育ICT環境の実現」を目指し、2019年にスタートした取り組みだ。

当初は2023年度中の達成を目指していたが、コロナ禍による臨時休校を受け、緊急時でも学びを継続させるインフラを早期確立させるべく、「1人1台端末」構想の実現が2020年度内へと3年前倒された

管理は現場に丸投げ、現場教員の残業時間も増加

積み重なるタブレット端末

GIGAスクール構想の前倒しにより、大量のPCが届いた学校側も困惑の声を隠せない。

Shutterstock/CLIPAREA l Custom media

GIGAスクール構想の前倒し。現場の教員もこの余波を大いに受けたのではないだろうか。都内の区立小学校教員のAさんに話を聞いた。

「GIGAスクール構想、最悪ですよ」

怒りともあきらめともつかぬ声で、Aさんは大量のPCが届いた学校側の困惑をこう例える。

「ある日突然、毎日の生活に何も困っていない家庭に、使い方も性能もわからない巨大なオーブンレンジが届いたとします。高価なものだから大事にしなさい。でも設置は自分たちでやってね、と

オーブンレンジがGIGAスクール構想でいえば1人1台の端末というわけだ。

「使い方は家庭の代表が学びに来なさい、そしてそれを他の家族にも教えるんだよ。ちゃんと毎日使って、その効果は必ず報告してね。絶対に役に立つはずだから!と、送り主から言われても困りますよね。今の学校の現場って、こんな感じです」

教員の気苦労は日常業務にも及んでいる。どっさりと届いた端末に、生徒ごとの管理番号を付与するのは全てICTを担当する教員の仕事だ。さらに担任クラスを持つ教員たちは、子どもたちに使い方を説明できるよう、遅くまで残って自主的に使い方を教え合っているそうだ。

これらはすべて、勤務時間外の午後5時以降にやっているという。

「みんな、毎日5時間ぐらい授業をして、クラブ活動や三者面談も行い、放課後補充授業もやりながら、明日の授業の準備をしている中ですよ。もう、毎日くたくたです」(Aさん)

大変そうな先生

教育の中身についての議論が現場でも全く進んでいないため、教員もどう指導してよいか理解していないという(写真はイメージです)。

Shutterstock/Africa Studio

「今年度の計画を、今年度作ってください」

人一台、パソコンを配布したはいいけれど、では肝心の教育の「中身の議論」は進んでいるのだろうか。

法政大学講師で、GIGAスクール構想の研究も進める児玉洋介氏はその実態の心許なさを説明する。

「肝心の中身にあたる部分は、文科省ではなく、経産省の別プロジェクトで検討されています。しかし、そのプロジェクトの実証事業に参加を予定している学校は全国の約1割。残りの学校は、どんな授業をするとどんなことが可能になるのかが見えず、教育計画を作るのもすべて手探り状態というのが実情です」

前出のAさんの小学校でも、教育委員会から提出を求められた「情報教育年間計画」の締め切りは7月末で、4月下旬のPC一斉配布の後だった。

通常、教育計画は前年度末の3月までに教育委員会に届け出て、新年度の4月からはその計画にのっとった教育活動が実施される。「今年度の計画を今年度作ってください」というのは、異例だという。

先述の小学校教員・Aさんも、こう悲痛な声を上げる。

「正直、私たちが聞きたいですよね。子どもたちにどんな力をつけたいのか、肝心な教育の中身について現場での議論も全く進んでいないのに、最初からPCを使うことありきで話が進んでいる。PCを使うためだけの課題を夏休みの宿題として出された家庭が、困惑するのも当たり前ですよ」

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

Popular