無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ウォルマート、広告業界でも存在感…広告ビジネスの売上高が前年比2倍に

Walmart

Mike Segar/Reuters

  • ウォルマートの広告事業が大きく成長している。
  • 同社の広告クライアント数は、前年比で175%も増加した。
  • 全体の広告費も95%増加している。

ウォルマート(Walmart)が広告事業の大幅な成長を報告した。同社は、アマゾン(Amazon)などのライバルやターゲット(Target)やウォルグリーン(Walgreens)といった他の小売業者と熾烈な競争を繰り広げている。

同社の最高経営責任者(CEO)のダグ・マクミロン(Doug McMillon)と、最高財務責任者(CFO)のブレット・ビッグス(Brett Biggs)は、2021年8月17日の決算説明会において、アメリカにおけるウォルマートの広告ビジネスが「ほぼ2倍」になったことを明らかにした。また、出稿している広告主の数は、前年比で175%増加し、売上高は同95%増加したと付け加えた。

また、ウォルマートはデジタル広告の機能も拡張している。アマゾンやターゲット、インスタカート(Instacart)、ウォルグリーン、ゴーパフ(Gopuff)など、広告プラットフォーム化する小売業者が増加していることへの対抗策だ。同社は最近広告事業を一新し、「ウォルマート・コネクト(Walmart Connect)」と名付けた。ウォルマート・コネクトは、消費者が広告に影響されてその商品を購入したかどうかに関するデータに対して、広告主が小売業者に対価を支払う考え方に基づくものだ。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み