無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


タリバン「女性は新政府に参画すべき」と表明…過去を知る国民は懐疑的

2021年8月16日、国外脱出のために空港へと向かう子どもを連れた女性。

2021年8月16日、国外脱出のためにカブール国際空港へと向かう子どもを連れた女性たち。

Reuters

  • タリバンの指導者は、女性も政府に参加すべきだと発言し、タリバンの変化を示唆した。
  • アフガニスタンの人々は、過激派グループによる保守的な政権に戻ることを覚悟している。
  • 崩壊した政府のある大臣は、「アフガニスタンのすべての女性が抱く恐怖」を感じていると述べた。

AP通信によると、タリバンの指導者が2021年8月17日に「恩赦」を発表し、女性も新しい政府に加わるべきだと述べたという。

それによると、タリバンの文化委員会のメンバー、アナムッラー・サマンガニ(Enamullah Samangani)は「イスラム首長国(the Islamic Emirate)は女性が犠牲者になることを望んでいない」と述べた。「イスラム首長国」とは、タリバンによるアフガニスタンの呼称だ。

「女性はシャリア法に則った政府機構の中に存在すべきだ」

サマンガニの恩赦の話は具体的ではなく、どのような内容になるのかについてはほとんど手がかりがないとAP通信は報じている。タリバンは崩壊した政府との交渉を続けているが合意に至っていないという。同国のアシュラフ・ガニ(Ashraf Ghani)大統領は15日に国外に脱出した

アメリカ軍の撤退の後、タリバンが驚くほどの速さで首都カブールを含めた全土を掌握した数日後にこのコメントが出た。

AP通信によると、タリバンは女性が教育を受けることに対して門戸を開いているとし、崩壊した政府で働いていた人々に対する報復もないと約束している。

それにもかかわらず、多くのアフガニスタン人はタリバンによるの超保守的な歴史の再現を恐れて、必死になって国外に脱出しようとしている。とりわけ、女性の自由に対する攻撃への危機感が強い。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

Popular