無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「船で電気を運ぶ」再エネ供給の増大見越し、ZOZO前COOが新会社でチャレンジ

かつてZOZOのテクノロジー部門のトップをつとめ、この6月にZOZOを退任した伊藤正裕氏が、次のチャレンジに起業する。社名は「PowerX(パワーエックス)」。かねてより公言していたとおり、エネルギー産業での起業だが、その構想は極めて野心的だ。

伊藤氏が考えるPowerXの事業の柱は、大きく分けて2つある。

1つは、長期的なビジョンとして描く「電気運搬船」の製造、そしてもう1つは脱炭素時代の需要増が期待される、EV(電気自動車)向けの急速充電用バッテリーや、船舶用の「巨大バッテリー」の製造だ。

洋上風力や遠隔地で発電した電気を「船」で運ぶインフラを目指すという構想は、興味深い。

PowerXを創業した伊藤氏に単独インタビューし、新事業の構想と、そこにかかわる大物メンバーの顔ぶれを聞いた。

「電気を巨大なバッテリーで運ぶ」を日本発のグローバル産業に

伊藤さん

PowerXを創業した伊藤正裕氏。ZOZO時代には、「ZOZOスーツ」の開発に携わるなど、テクノロジーを駆使した新規事業を手掛けてきた。

撮影:今村拓馬

「私が社会人をはじめたとき、日本はコンシューマエレクトロニクスで世界トップでした。ただ、この20年間で日本が強かった産業がなくなってしまったように感じています。

自分があと20年働く中で、“非力ながらも日本発の新しい産業を作りたい”と思ったんです」

伊藤氏は、PowerX創業の熱意をこう語る。

日本国内に「巨大バッテリー」製造工場をつくり、電気を送電線ではなく「船」で運ぶ……PowerXの構想は、初めて聞くとあまりに野心的だ。しかし、その構想に共感した取締役(社外取締役含む)には豪華な顔ぶれが並ぶ。

代表取締役社長の伊藤氏のほかに、取締役会長として再生医療ベンチャー「ヘリオス」の代表を務める鍵本忠尚氏が参画。

社外取締役には、2021年3月にフォルクスワーゲンと約1.5兆円規模のEV用電池の供給契約を結んだスウェーデンのバッテリーメーカー・Northvolt(ノースボルト)創設者の1人であるパオロ・セルッティ氏、元Google幹部(バイスプレジデント)のシーザー・セングプタ氏、ゴールドマン・サックス証券の元パートナー、マーク・ターセク氏が就任するなど、世界展開を意識した布陣に見える。

創業メンバー

画像:PowerXのHPよりキャプチャ

伊藤氏は、

日本は造船業が強い。蓄電池も本来強いはず。これを組み合わせることで『電気を船で運ぶ』という新しい産業が生まれる可能性があるのではないかと思ったんです。

それを作れるのであれば、ライフワークとして私の次の20年間をかけてみたいなと」

と同社設立の経緯を語る口調には、熱がこもっていた。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み