無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ソニー「Xperia 10 III Lite」はeSIM+物理のデュアル仕様、その理由とは

Xperia 10 III Lite

ソニーは中価格帯の新型スマートフォン「Xperia 10 III Lite」を発表した。

出典:ソニー

ソニーは8月20日、新型スマートフォン「Xperia 10 III Lite」を発表した。8月下旬以降に日本の一部の通信事業者から発売される。

ソニーは2021年、高性能なフラグシップ「Xperia 1 III」、ミドルレンジの「Xperia 10 III」を日本で展開しているが、Xperia 10 III Liteは10 IIIのカスタマイズモデルと言える。

既存機種との違いはストレージ容量とeSIM

比較表

Xperia 10 III Liteと10 IIIの主な違い。10 IIIはNTTドコモ、au、ワイモバイル向けに展開されている。

作成:Business Insider Japan

10 III Liteと10 IIIの性能的な違いはシンプルで、「ストレージ容量」と「SIMの仕様」の差だけだ。

ストレージは10 IIIが128GBなのに対し、10 III Liteは64GB。SIMは10 III Liteが物理的なカードのいらないeSIMに対応している。

その他の部分は、サイズや重さ、ディスプレイの大きと解像度、バッテリー容量、カメラの構成、カラーバリエーションに至るまで同じだ(厳密には、イエローの10 III Liteだけドコモオンラインストア限定)。

Xperia. 10 III

写真はNTTドコモ版の「Xperia 10 III」。イエロー以外のカラーバリエーションは、10 III Liteと共通だ。

撮影:小林優多郎

ソニーは2020年9月にも「Xperia 8」の一部仕様を変えた「Xperia 8 Lite」をリリースしており、10 IIIと10 III Liteも同じ関係性だと言える。

しかし、8と8 Liteより、10 IIIと10 III Liteの仕様の違いは微々たるものだ。

そればかりか、eSIM(物理SIMと合わせて2つの電話番号の着信ができる「DSDV」仕様)という、KDDIの「povo」やソフトバンク、そして楽天モバイルといったeSIMを提供しているサービスと相性のいい設計を搭載している。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み